読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:チャンスを掴める人はここが違う

 
16.チャンスというのは、ごく日常の些細な部分に潜んでいる
20.人生で迷ったら密度の高い方ではなく、密度の低い方を選んでおけば間違いない
22.経営ではニーズ(市場から必要とされること)と同時に、シーズ(自社が市場に向けて提供できること)という用語がある。自分のシーズをまぶしいほど磨き上げておく必要がある。チャンスを追いかけるのではなく、チャンスに追いかけられるように自分を磨く。
44.チャンスを掴める人は、二つの勉強をしている。”必要な勉強”と”好きな勉強”。必要な勉強は、仕事で必要な勉強。やればプラスになるのではなく、やらなければマイナスになる
50.本はたくさん読むからこそ、何度も繰り返し読む本に出会いやすい。99%が一回しか読まない本。
80.仕事で大切なのは結果である。同じ結果を出すにしてもプロセスにこだわる。プロセスにこだわれば、再現性が期待できる。千恵をデータベース化する習慣があるか否かの差は、大きい
109.人には、それぞれの遺伝子に違いがあり、明確な序列がある。
 
自分のシーズを磨いて、チャンスを呼び込む。必要な勉強はもちろんのこと、好きな勉強、現実逃避できるような勉強もする。必要な勉強を習慣として取り入れる。

 

チャンスを掴める人はここが違う

チャンスを掴める人はここが違う

 

 

アンジェラ・ダックワークス:やり抜く力GRIT

 
3.人生で何を成し遂げられるかは、「生まれ持った才能」よりも、「情熱」と「粘り強さ」によって決まる
60.最高のパフォーマンスは、無数の小さなスキルや行動積み重ねた結果として生み出される。周到な訓練によってたたき込まれ、習慣となり、一体化したもの。やっていることの一つ一つは、特別なことや超人的なことは何もないが、それらを継続的に正しく積み重ねていくことで生じる相乗効果によって、卓越したレベルに到達できる
66.「天賦の才を持つ人」を神格化してしまった方が楽。そうすれば易々と現状に甘んじていられる。
90.なぜを自問すること繰り返すことにより、最上位の目標が見えてくる。
113.重要な目標に向かって、一つ一つのその前の段階の目標が、最重要事項と結びついているかを常に意識する。
162.自分が何をしているときが楽しいかを発見したら、興味を持ち続ける努力をする。興味が湧くような機会が何度も必要である。そういう機会を自分で積極的に作る必要がある。熱狂的な愛好家にしかわからないニュアンスを味わえる必要がある
166.どれだけ集中して、質の高い取り組みを行ったがが持続していく上でも重要。自分の出来る範囲のすこし出たところで努力していくことが重要。それを、実感できる仕組みも大切。
180.意図的な練習。自分の出来る範囲のすこし超えたところで練習するのは、甚だしい疲労をもたらす
186.意図的な練習は行為であり、フローは体験。意図的な練習は準備の段階で、フローは本番で経験するものといえる
214.自分の仕事を見つめ直して、問いかける。自分は世の中の役に立っているのだろうか?
247.人は成長する。人間は何でもやればうまくなるという認識が欠かせない
316.好循環とは、「もがきながらも努力を続けることが進歩につながり、それによって自信が生まれ、もっと大変なことにもちょうせんできるようになる」こと
323.努力と報酬の関連性は学習することが出来る。それを学ばない限り、ほっておくと人間は怠けてしまう。
356.やり抜く力 長期的な目標に向けた「情熱」と「粘り強さ」にかかっており、才能にこだわってはいけない。興味を掘り下げる。自分のスキルを上回る目標を設定してそれをクリアする練習を習慣化する。自分の取り組んでいることが、自分よりも大きな目標とつながっていることを意識する。重要な目標にむかって努力すること。手応えを感じること。それが大きな満足をもたらすことを理解する。
 
最高のパフォーマンスは、無数の小さなスキルや行動積み重ねた結果として生み出される。周到な訓練によってたたき込まれ、習慣となり、一体化したもの。やっていることの一つ一つは、特別なことや超人的なことは何もないが、それらを継続的に正しく積み重ねていくことで生じる相乗効果によって、卓越したレベルに到達できる。重要な目標にむかって努力すること。手応えを感じること。それが大きな満足をもたらすことを理解する。

 

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

 

 

海老一宏:一流と言われる3%のビジネスマンがやっている誰でも出来る50のこと

 
14.メラビアンの法則。初対面の場合、見た目や話し方や声などの外見からの印象が93%、話の中身はたった7%。人は見た目が9割
19.あえておしゃれをしないのは、「外見だけで中身が伴っていない」と思われたくないから。「敢えてすこし背伸びをする」ことを、自分のモチベーションとする
34.スーツと同系色で靴下の方が濃い色のものを履く。必ずスーツ、シャツ、ネクタイのどれかを無地にする。
40.いつでも他人の目を意識して、姿勢を良くする
62.結果が出るように、数多くの工夫をする。他人の成功からヒントを得る。
92.どのようなタイプの人間を相手にしても良い結果を生み出せる人間力が必要
104.相手の短所や欠点に、その人の良いところ見いだせる
129.レストランでナプキンをきれいにたたむのは、「おいしくなかった」というメッセージ。適当に絞った形にして置く。
154.自分ならではのコンテンツを書きためる
182.情報を受け取り、加工して発信する側に移る。学側から教える側にまわる。
206.自分の性格を理解し、知識や経験だけでなく、その個性を武器にする
227.世の中は自分中心にまわっておらず、「自分に都合が悪いことも、いつも起きる」と割り切る。
 
自分の領域で、情報を加工して発信するつまり、学側から教える側にまわることが一流への道。簡単には露運分投稿することがその一歩となるだろう

 

一流と言われる3%のビジネスマンがやっている 誰でもできる50のこと (アスカビジネス)

一流と言われる3%のビジネスマンがやっている 誰でもできる50のこと (アスカビジネス)

 

 

中谷彰宏:ファーストクラスに乗る人の自己投資

 
20.投資とは、使わないものを決めて使うものに集中すること
39.投資で大切なことは、循環。お金をまわしていくこと
70.クリーニング代は、単に洋服をキレイにするだけでなく、テンションを買っている
88.いい服をぼろぼろになるまで着こなせば、それを乗り越えて次のステップにいける
111.プロは、他のジャンルのプロに対してリスペクトがある
130.メンタルがちゃんとしている人は、靴もちゃんとしている
152.回収をあせらず、いかに長期のメリットを取るかを考える
192.投資とは、未来をここに持ってくること、未来に自分が行くこと。「勉強して、こんなひとになりたいから」「本を読んで、こんな人になりたいから」それにかかる費用が投資。未来の自分へ今の自分を持って行くためのもの
 
回収をあせらず、長期的なメリットに着目する。どんな出来事も解釈次第で投資になる。時間、自分のテンションに対する投資もあることを肝に銘じておこう。使わないものを決めて、使うものに集中することも立派な投資である。

 

ファーストクラスに乗る人の自己投資―このままでは終わらせない63の具体例

ファーストクラスに乗る人の自己投資―このままでは終わらせない63の具体例

 

 

アンダース・エリクソン:超一流になるのは才能か努力か?

 
17.脳の能力は自らの意思でかなり変えられる
42.自然にできるようになってしまった能力は、改善に向けた意識的努力をしないと徐々に劣化していく
45.改善できそうだという現実的期待を持って努力できるような具体的な目標にする
54.自分のコンフォートゾーンから出ること。集中力、明確な目標、それを達成するための計画、モニタリングする方法。やる気を維持する方法が大切
75.十分な不可を十分な期間にわたって与えると、それを楽にこなせるようになる。常に自分の力よりもすこし上のところで負荷をかければ、自分のコンフォートゾーンを広げることができる。
76.すこし外側が負荷のスィートスポット
84.ホメオスタシスの枠内に安住することなく、すこし出る努力をする。「これで十分」の世界に安住しない
102.エキスパートと凡人を隔てる最大の要素は、長年にわたる練習によって脳の神経回路が変わり、極めて精緻な心的イメージが形成されていること。ずば抜けた記憶、パターン認識、問題解決など専門的技能を発揮するのに必要な高度な能力が心的イメージができるようになることで実現する。
112.傑出したプレーヤーは、圧倒的に情報他組織化されている。
113.熟練した外科医ほど手術と手順について高度で有効な心的イメージを作ることができている
117.限界的練習の最大の目的は有効な心的イメージを形成すること
141.練習に膨大な時間を費やさずに並外れた能力を身につけられるものは一人もいない
161.正しい方法で訓練さえすれば、技能はどこまででも向上させていくことができる
206.没頭すること、意識的に技能を習得して磨く挙げる姿勢を身につけるのは、練習の効果を高める最も強力な方法の一つ
207.技能のあらゆる側面に細やかな注意を払い続けることにある。あらゆる点で最高の動きが習慣として身体にしみこむまで一つ一つを繰り返し性格にやること。これが練習の効果を最大限に高めるコツ
213.闇雲に同じことを何度も繰り返すのでは、全く意味がない。反復練習の目的は自らの弱い部分を見つけそれを集中的に強くしていくこと
216.有効な心的イメージは、傑出したプレーヤーの技を再現しようとして失敗し、なぜ失敗したのかを突き止め、もう一度挑戦し、それを何度も繰り返すことによってのみ形成される
219.停滞を打破するためには、脳や身体を別の方向から攻めてみることだ。
221.最初のほころびが生じるのはどこか見極めよう。その弱点に特化した練習方法を考えよう
227.特定の分野で能力を向上させたいと思う人は毎日1時間以上、完全に集中して練習する
305.長期的に勝利するのは、知能など何らかの才能に恵まれて優位なスタートを切ったものではなく、より多く練習した者である。IQが高いなどは能力を学はじめた当初は有利かもしれないが、時間が経つにつれてその影響は小さくなる。最終的には練習の量と質がその人がどれほどの能力を獲得するかを決定する。
331.様々な分野でトップに立つ人々は、生まれつきの才能などによってその座を獲得したのではなく、長年にわたる練習を通じて人間の身体や脳の適性を生かして能力を発達させてきた。
334.他の生き物とは違い、人間は意識的に自らを変え、思い通りに自らを向上させていくことができる。
336.若者たちには絶対に手が届かないと思っていた能力を手に入れる経験を通じて、自分の能力は自らの意のままに伸ばすことができること、生まれつきの才能などと言う古くさい考えにとらわれる必要はないことを身をもって学ばせる必要がある。
 
常に自分の力よりもすこし上のところで負荷をかければ、自分のコンフォートゾーンを広げることができる。才能はスタートダッシュには有効だが、努力を続ける人間にはかなわない。適切な努力を続けるには、評価、フィードバックが大切。そして、弱点を繰り返し練習し、習慣として自分に馴染むまで一人で懸命に練習する必要がある。

 

超一流になるのは才能か努力か?

超一流になるのは才能か努力か?

 

 

千田琢哉:器の大きい人は、人の見ていないときに真価を発揮する

 
20.努力はアピールするものではなく、死ぬまで隠し通すもの。自分の努力をアピールするのは、成功者の世界ではこの上なく醜い行為なのだ
24.準備したのに本番で使わなかった部分こそが、未来の可能性である。
27.プロセスにこだわって成功すると、自分ならではの再現性のあるノウハウが貯まる。自分ならではの再現性のあるノウハウは、生涯の宝になる
38.最初から幸運などセコく期待せずに、日々粛々と成すべきことを成せば良い。忘れた頃に幸運が訪れる。
49.すぐにカットなって興奮する人は、低い人(年収、社会的地位、学歴)
61.才能の格差は、知恵と工夫で埋める
66.豊富な語彙力を身につけたければ、大学入試センター試験の国語の問題を読む
76.器の小さい人は。「みんな」を使うのが好き
134.本番前夜は熟睡する。睡眠もトレーニングの一つ。準備を完璧にする。
140.真実がどうかではなく、勘違いされたあなたが真実なのだ
160.猛勉強の第2タームは40代、この時期にどれだけ勉強できるかで50代以降の人生が決まる
166.孤独の時間にひたすら実力磨きを続けなければ寿命がもったいない
169.自分の遺伝子を正面から受容して感謝し、その遺伝子をどれだけ生かし切ったのかが、人生の勝敗を決める。
 
何かを継続する(写真、読書)、語彙力を身につけるためにセンター試験の国語の問題を読んでみる。40代が勉強の第2ターム。自分の今日にある部分を掘り下げていこう

 

器の大きい人は、人の見ていない時に真価を発揮する。

器の大きい人は、人の見ていない時に真価を発揮する。

 

 

土井英司:一流の人は、本のどこに線を引いているのか

 
自分が正しいと思ったところに線を引いて確認をしたところで、パワーアップの糧にはならない。新しい発見や役に立った箇所、、自分の考えと「ちがう」箇所に線を引くことで成長の糧になるのだ
 
13.原因を創り出す作業こそが、人間の価値である
14.人間には原因が作れる。しかし、コンピュータには原因を作ることはできない
18.読書の大きな効用は、偉大な著者たちのものの見方、考え方、つまりフィルターをのぞけることにある
32.本の内容よりも、自分自身の変化を述べる。現在の自分に不足している部分が見えているからこそ、それを補うために読書するのだ
64.「知らない」を「知る」に変換していく作業。簡単にできるはずがない
66.目的を持って読み、新しい知識や知見を得て活動を開始する。そのアクションの起点となるのが読書
68.スーッと理解できるような本は、気持ちは爽快かもしれないが、脳を鍛えることはできない。
94.本を読み、独自の戦略が垣間見える部分に線を引ければ、戦略的思考が身につき、持続可能な競争優位性を吸収できるようになる
97.売り込まなくても、モノやサービスが売れていくような状態を作ることがマーケティングの機能なのだ
98.効率を求めるだけでは、他者と似たような経営になってしまう。そこを無視できる経営者の存在こそ、マーケティングパワーの源泉である。非効率を意図的に許容する
106.リーダーとは、ビジョンを掲げ、方向を指し示す人。マネージャーは、リーダーが指し示して方向に進むために組織をまとめる人
127.センターピン。ボウリングの1番ピン。外してはいけないポイント。ここを外しては成功はない。
134.他では変えない商品。他では得られないサービス、医療提供
147.勝者は、ちがいを創り出す
149.読書とは他者との「ちがい」を創り出す作業。自分の専門分野の知識を深めるだけではなく、一見関連性のない分野も学び、この二つを組み合わせる。競争優位性を創り出す
160.学びとはアナロジー(類推)である。違う世界のものを受け取って自分の世界に適用し、何らかの成果物を生もうとする。だから、何でもアナロジーで見られなければ、その時点で読み手として一流にはなれない。
164.ベストセラー本。良いと世間が評価している以上、そこには学べることが必ずある。
177.天才たちは総じて、「それをやっている時間が長い」
 
現在の自分に不足している部分が見えているからこそ、それを補うために読書する。目的を持って読み、新しい知識や知見を得て活動を開始する。そのアクションの起点となるのが読書。他分野から類推して自分の分野に役立てることを考えていく。

 

一流の人は、本のどこに線を引いているのか

一流の人は、本のどこに線を引いているのか