千田琢哉:超一流のマインドフルネス

超一流のマインドフルネス: いますぐあなたの仕事が変わる身体と思考の整え方 28.他人と戦うと言うことは他人の欠点を見つけて蹴落とすこと。自分をを成長させることにエネルギーを使えばストレスはないし、関わる人を明るくする 40.自分なりの成功の方程式…

千田琢哉:死ぬまで悔いのない生き方をする45の言葉

死ぬまで悔いのない生き方をする45の言葉 5.未来は遠くにではなく、ここにある 17.人が輝きを放っていくためには、成長し続けなければならない 19.一発当てることは、好きなことを障害やらせてもらえるための手段であって目的ではない。一発当てるまでに…

児玉光雄:イチロー流準備の極意

イチロー流 準備の極意 (青春新書インテリジェンス) 3.些細なこと、苦しいこと、やるのがおっくうなことであってもそれが仕事の成果を挙げるのに不可欠なら、決して手を抜くことなく、誰よりも一心不乱にのめり込む。 5.思うように行かないときほど、平常…

千田琢哉:お金のルール

20代のうちに知っておきたい お金のルール38 62.仕事というのは昨日や今日の準備で差がついた訳ではない。生まれてから今日までに見たり、聞いたり、読んで感じたことの集大成。時間のプレゼントの重みのわかる人間だけと付き合えば良い。 76.人が輝き続け…

中谷彰宏:昨日の自分にこだわらない一歩踏み出す5つの考え方

昨日の自分にこだわらない 一歩踏み出す5つの考え方 22.うまくいかなかったら「次はどうしようか」と考えて、また次の日もそれにチャレンジする。これがトライ 62.壁が多いほど多いほど前に進んでいて、より成功の近くにいる。壁は均等にあるわけではない…

どんな問題も解決する すごい質問

どんな問題も解決する すごい質問 11.人というのはほっておくと怠けてもしまう生き物であり、何も考えずにボーッとしてしまう。だから意識的に「なぜ」と自分に問いかけなければならない 17.教えたり教わったりするのは、必ずしも対象が他人である必要はな…

石脇智広:コーヒー「こつ」の科学

コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために 14.アカネ目アカネ科コーヒーの木属、70種類 アラビカ種、カネフォラ種 23.花が落ちた直後はマッチ棒程度の大きさ、6-8ヵ月かけて大きくなる 33.カフェインという名称は1820年頃にドイツの化学者がコ…

マーク・フォースター:仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則

仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版 49.抵抗感が発生するのは「ある行動がその他の行動よりも難しい」と感じたとき 58.成功への王道は「一事に集中し、出来たら次に進む」 63.一つの仕事を分解してチェックリスト(クローズトリスト)を作…

齋藤孝:手抜き力

手抜き力 57.優先順位を決めることを最優先事項にする 58.最初は優先順位の高い順に仕事をする。徐々に一点突破すること自体を並行的に行えるようになる 61.デットラインを作り、最優先に仕事を管理すると仕事の効率が上がる 70.コンセプトとパッケージ…

岩田リョウコ:シアトル発ちょっとブラックなコーヒーの教科書

シアトル発 ちょっとブラックなコーヒーの教科書 11.珈琲は集中力アップに貢献し、アイデアを遂行するのに最適 29.エスプレッソの種類について 36.ミツバチも珈琲の花の蜜を吸ってカフェインととっている 40.珈琲の裏メニュー 57.カフェインは接種後15-…

川島良彰:コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか

コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか (ポプラ新書) 19.コーヒーはフルーツ。その認識が世間、コーヒー関係者にも希薄 21.コーヒーは本来、酸味を味わうもの 50.代表的な欠点豆の特徴は、変色して黒くなった黒豆は風味に影響する。未成熟豆…

丸山健太郎:珈琲完全バイブル

珈琲完全バイブル 様々なドリッパー(カリタ、メリタ、HARIO、コーノ、ケメックス) フレンチプレス サイフォン ネルドリップ マキネッタ など様々な抽出法を解説している 保存について、豆のままで保存 ゴムパッキンのついてキャニスターで密封し、直射日光…

堀内隆志:珈琲を楽しむ

コーヒーを楽しむ。 珈琲についての易しい入門書 メリタ式(穴一つ) ドイツのメリタ・ベンツさんが開発 コーノ式 のペーパドリップについて ペーパーフィルターには匂いがついているので、ドリッパーにセットしたらお湯をかけて匂いを取ることを推奨 コーヒ…

中谷彰宏:なぜあの人は2時間早く帰れるのか

なぜ あの人は2時間早く帰れるのか 4.仕事に追いかけられるより、仕事を追いかけろ 29.スピードを上げたいときほど、きちんとした格好をする 76.すべての勉強が、仕事の速さにつながる 91.面倒臭いことは「1割だけ」やろうとはじめる 101.工程表を作っ…

千田琢哉:どこでも生きていける100年続く仕事の習慣

どこでも生きていける 100年つづく仕事の習慣 17.生涯にわたって決定的に周囲に印象づけられるのは、成果の分配という、本能がむき出しになる部分 29.リーダーとして活躍していく人の共通点は、リーダーになる前からすでにリーダーのように振る舞っている…

池上彰 竹内政明:書く力

書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書) 19.書くべきテーマを明確にする 28.材料を書き出す。 48.原稿に必要な部品は自然と目の前に現れるのではなくて、自分から探しに行く 70.自分が本当にわかっていることを、自分の言葉で書くことが基本 14…

御厩祐司:知のシャープナー

「知」のシャープナー?人生が代わる知的生産日記? (光文社新書) 連用日記の進化版でエクセルで作成する 振り返ることが出来なかった、日記を振り返り、そこから知的生産を生む ニュートラルなことは書かず、事実をベースに書く。 ただし、表の中に書き込みす…

シェーン・スノウ:スマートカット

時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人 SMARTCUTS 2.本来時間を取られるべきではないところをスマートにカットする。賢く回避しながら、力を入れるべきところに力を入れ大きな目的を達成する技 52.小さな成功を元手に大きなチャレ…

中谷彰宏:セクシーな男、男前な女。

セクシーな男、男前な女。/なぜあの人は特別な存在になるのか 27.男前はメンタル力を表す言葉。内側にあるしんの強さ、心の強さからにじみ出るものに色気がある。ピンチで、品格を保とう 39.色気のある人とは、その人の身体の中から音楽が流れ出てくる人 4…

千田琢哉:チャンスを掴める人はここが違う

チャンスを掴める人はここが違う 16.チャンスというのは、ごく日常の些細な部分に潜んでいる 20.人生で迷ったら密度の高い方ではなく、密度の低い方を選んでおけば間違いない 22.経営ではニーズ(市場から必要とされること)と同時に、シーズ(自社が市場…

アンジェラ・ダックワークス:やり抜く力GRIT

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける 3.人生で何を成し遂げられるかは、「生まれ持った才能」よりも、「情熱」と「粘り強さ」によって決まる 60.最高のパフォーマンスは、無数の小さなスキルや行動積み重ね…

海老一宏:一流と言われる3%のビジネスマンがやっている誰でも出来る50のこと

一流と言われる3%のビジネスマンがやっている 誰でもできる50のこと (アスカビジネス) 14.メラビアンの法則。初対面の場合、見た目や話し方や声などの外見からの印象が93%、話の中身はたった7%。人は見た目が9割。 19.あえておしゃれをしないのは、「外…

中谷彰宏:ファーストクラスに乗る人の自己投資

ファーストクラスに乗る人の自己投資―このままでは終わらせない63の具体例 20.投資とは、使わないものを決めて使うものに集中すること 39.投資で大切なことは、循環。お金をまわしていくこと 70.クリーニング代は、単に洋服をキレイにするだけでなく、テン…

アンダース・エリクソン:超一流になるのは才能か努力か?

超一流になるのは才能か努力か? 17.脳の能力は自らの意思でかなり変えられる 42.自然にできるようになってしまった能力は、改善に向けた意識的努力をしないと徐々に劣化していく 45.改善できそうだという現実的期待を持って努力できるような具体的な目標…

千田琢哉:器の大きい人は、人の見ていないときに真価を発揮する

器の大きい人は、人の見ていない時に真価を発揮する。 20.努力はアピールするものではなく、死ぬまで隠し通すもの。自分の努力をアピールするのは、成功者の世界ではこの上なく醜い行為なのだ 24.準備したのに本番で使わなかった部分こそが、未来の可能性…

土井英司:一流の人は、本のどこに線を引いているのか

一流の人は、本のどこに線を引いているのか 自分が正しいと思ったところに線を引いて確認をしたところで、パワーアップの糧にはならない。新しい発見や役に立った箇所、、自分の考えと「ちがう」箇所に線を引くことで成長の糧になるのだ 13.原因を創り出す…

中谷彰宏:歩くスピードを上げると頭の回転は速くなる

歩くスピードを上げると、頭の回転は速くなる。 グズグズから抜け出す63の具体例 30.仕事量を増やして生産性を上げる 34.自分より速い人に出会うことで「自分はこんなに生ぬるいことをしていた」と気づける 51.バカにされることを恐れない 66.集中するこ…

千田琢哉:20代で身につけるべき本物の教養を教えよう

千田琢哉:20代で身につけるべき本物の教養を教えよう 21.求められなくても「自分ならこうする」と常に考える 23.無知は恥ずかしいことであり、それを正当化するのはもっと恥ずかしい。知らないことを真摯に知ろうとする姿勢が、教養を身につけるスタート 2…

佐藤ねじ:超ノート術

超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方 19.自分が一番興味のあるものをアウトプットすることを目的として日々メモしていく。 25.2軍ノートから1軍ノートへ書き写すときに、内容をふくらませて、アイデアとして面白くなるようにひと手間かける 45.見返…

千田琢哉:人間性は、仕事で磨け

一流の人生 人間性は仕事で磨け! 5.人間性を高める早道は、仕事・勉強ができるようになること 33.無脳なら人間性を語る前に、仕事で迷惑がかからないようにする 59.一流の仕事をする人には、スピードが速いこと。絶不調でもプロとしての加減のクォリティ…