千田琢哉:人生を変える時間術

自分の時間が3倍になる 人生を変える「時間術」 17.ゆったりとした時間を過ごしているということは、自然の摂理に則った時間の過ごし方をしているということであり、豊かな状態 21.将来の成功者は、ノルマはクリアは当たり前で、さらに自分に負荷をかけて…

稲垣公夫:深く、速く、考える

深く、速く、考える。 「本質」を瞬時に見抜く思考の技術 20.最初に浮かんだ解決策を良いものと思い込んで、結論ありきの行動に出てしまう脳の癖がある。理解するとは、新しい事柄を、自分がすでに知っている事柄と結びつけること。たとえ話(アナロジー)…

牛堂登紀雄:仕事が速いお金持ち仕事が遅い貧乏人

仕事が速いお金持ち 仕事が遅い貧乏人 3.強烈な成果志向であり、どのような結果であろうと受け容れる自己責任の強さを持っている 22.「しなければならないこと」の多くは、他人から強制されている性格を持っており、自分の意思や目的は反映されない。「や…

千田琢哉:こんな大人になりたい!

こんな大人になりたい! 18.たいして頑張らなくても出来たことを、猛烈に頑張るのが成功の王道 22.最高の自分を演出する第一歩はとにかく背筋を伸ばす習慣を付けること。背筋を伸ばすとかっこよく見えるだけではなく、頭の回転も早くなって疲れにくくなる 4…

中島聡:なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である 9.ゲーテ「知ることだけでは十分でない、それを使わないといけない。やる気だけでは十分ではない、実行しないといけない」 60.どんなに頑張って100%のものと作ってもそれは100%ではなく…

中谷彰宏:なぜあの人は余裕があるのか

なぜあの人は余裕があるのか。 23.むっとすることによって事態が好転することは一つもない。つまり損する。 28.自身が怒る原理は、ズレている地層が元へ戻ること。トラブルの発生は、アンバランスからバランスに修正されたということ 40.ミスは起こるもの…

千田琢哉:非常識な休日が、人生を決める

非常識な休日が、人生を決める。: 結果を出す人がやっている50の逆転の時間術 2.オンはゆったり過ごし、オフは何かに没頭している 18.肩の力を抜くことができる状態は、「もうこれ以上、準備できない」という境地に達していて程よい疲労感が全身を包み込ん…

白鳥春彦:知性だけが武器である

知性だけが武器である――「読む」から始める大人の勉強術 39.付箋の貼り方は自分なりにルールを作る。重要な頁はページの上部(天)、調査が必要な箇所は長辺(小口)に貼る 69.知識の居合いマニ知恵を差し入れて知識の形を新しくまとめるのが探求である 72…

山梨広一:いい努力

マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力 3.いい努力とは、その努力をした結果、成果が出るもの。つまり、目的が明確なもの 4.目的を達成する時間軸を的確に捉えている 5.生産性が高いもの より短い時間と小さな努力で高い性かを…

江本博明:薄っぺらいのに自信満々な人

薄っぺらいのに自信満々な人 (日経プレミアシリーズ) 6.つながる力より、一人でいられる力の方が、今強く求められている。そして、できる人ほど不安が強い 10.できない人に限って自信があり、できる人の方が不安が強い 46.仕事の出来ない人は、物事を深く…

柴本秀徳:書くスキル

誰も教えてくれない 書くスキル 45.書くというのは、考えることも含めた、書く「プロセス」を経て行うもの。書く作業はプロセスの一部にすぎない 53.読み手と書き手の共通認識を確立する。共通認識を持ってズレを防ぐ。相手の反応を引き出す 54.共通認識…

田坂広志:人間を磨く

人間を磨く 人間関係が好転する「こころの技法」 (光文社新書) 14.知識とは、風船のごときもの 風船がふくらめばふくらむほど、外界と接する表面積が増えていくように、知識が増えれば増えるほど、道と接する表面積が増えていく。 人間の成長も、風船ごとき…

新井直之:超一流と呼ばれる人のアタマの中身

執事が教える “超一流"と呼ばれる人のアタマの中身 35.誰に対しても謙虚 45.自分自身が「いい」と思うものを自由に選ぶ 60.「話したい」という気持ちを抑えて聞き役に回る 84.そもそも「否定的な物事が起こる」ということ自体が頭の中にない 101.「早く…

菅原洋平:すぐやる!「行動力」を高める科学的な方法

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法 6.脳に入る情報量を変えることで変化をもたらすことが出来る 24.起床後4時間後にしゃきっと頭が冴えていたら睡眠をうまくコントロールできている 34.「メラビアンの法則」によると、人は視覚(見た目)55%…

藤由達蔵:結局、すぐやる人がすべてを手に入れる

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる 7.「気分」と「視座」を変えることが重要 11.人の行動力はモチベーションが支配しているのではない。行動力は「気分」が次第。「気分」をコントロールする必要がある 25,行動にストップをかけてしまう「思考の…

千田琢哉:そのひと言は、言ってはいけない

その「ひと言」は、言ってはいけない 41.プロになるということは、当たり前の基準を上げるということ。相手の気持ちになってその期待を1%でも上回ること 73.人の憎しみ関わると、たいていろくなことにならない。厭味をいって憎しみを買うくらいなら、だま…

千田琢哉:現状を破壊するには「ぬるま湯」を飛び出さなければならない

現状を破壊するには、「ぬるま湯」を飛び出さなければならない。 37.空腹でもないのに無理矢理食べる方が体に悪い。食べたくない昼食は取らず、静かな環境で仕事に没頭する 44.成長を目指すなら、すべてにおいて目的を明確にして、できるだけ速く歩く 49.…

千田琢哉:戦う君と読む33の言葉

戦う君と読む33の言葉 「不安」「不満」「孤独」を乗り越え、折れない自信をつくる方法 23.不安 もともと必要な本能だからこそ備わっている。本能に無理に逆らうと良い結果にならない 25.不安の本質は、自意識過剰と準備不足 28.準備不足だとなぜ過剰に不…

茂木健一郎:もっと結果を出せる人になる!「ポジティブ脳」の使い方

もっと結果を出せる人になる! 「ポジティブ脳」のつかい方 21.ポジティブな感情もその対極にあるネガティブな感情とうまく共存する必要があり。ネガティブな感情は嫌う必要などなく、脳と心の強い免疫となりエネルギーを発揮する 25.自分自身の現状を他人…

アーノルド・ベネット:自分の時間

自分の時間 (単行本) 19.目を覚まさせるのに一番苦労するのは、決してベッドから出ようとしない人たち 23.自分にとって最も大切なことをしようと言うときに、他人の協力を当てにするとは情けない 24.バランスのとれた賢明な一日を過ごせるかどうかは、普…

中谷彰宏:一流の人のさりげない気づかい

一流の人のさりげない気づかい 3.行為に評価よりも人間性を評価した言葉の法が相手に刺さる。拾って渡してくれた人に「ありがとう」ではなく「やさしい」 23.「ありがとうございます。」現在形のほうが過去形よりも拒絶感がない 25.好意は、快く受け取る…

千田琢哉:バカなのに出来るやつ、賢いのにできないやつ

バカなのにできるやつ、賢いのにできないやつ 25.人は誰でも他人より自分が優位に立ちたい生き物だから、無能な凡人ほどその傾向が強い。人は誰でも自分より”ちょっとバカ”が好き 26.ちょっとバカを演じるのはバカではできない。周囲よりもはるかに勉強し…

鈴木進介:能力以上の成果を引き出す本物の仕分け術

能力以上の成果を引き出す 本物の仕分け術 (青春新書インテリジェンス) 48.小さくブレイクダウンする。気合いを入れず誰でも着手できるレベルに落とし込む 55.「今集中できるもの」だけにしてそれ以外を一旦捨てる。やらないものを決める 71.仕事では、予…

メンタリストDaiGo:自分を操る超集中力

自分を操る超集中力 26.ウィルパワー 思考や感情をコントロールする力 28.総量があり、集中力を使うことにより消耗する。ウィルパワーの出所はひとつしかない 34.無意識の行動に「はっ」と気づき、改めるという行動を繰り返せばウィルパワーを鍛えること…

本田直之:何を捨て何を残すかで人生は決まる

何を捨て何を残すかで人生は決まる (青春新書インテリジェンス) 15.何かを集めるのではなく、減らし、そぎ落としていく感覚と、自分にとって本当に必要かどうかを見極める能力が重要 42.出来た人は確かな答えなどわからないまま動き出し、出来なかった人は…

千田琢哉:集中力を磨くと、人生に何が起こるのか

集中力を磨くと、人生に何が起こるのか? (「成功する人」が持っている目標実現のスキル52) 20.周囲のしょぼい他人と競争することから卒業して、昨日までの自分と競争する。不毛なピラミッドから脱出する 33.自分の好きなことで成功すると自分のことが好き…

千田琢哉:稼ぐ男の身のまわり

稼ぐ男の身のまわり 19.三流の人たちは、見かけがすべてだと思っている連中が多い。お金は低いところから高いところへ吸い上げられていく特性がある 30.ジャケットの袖ボタンはすべて外せるようにする 33.靴は”ジョン・ロブ” 52.いかなる問題解決も、ま…

千田琢哉:持たないヤツほど成功する

持たないヤツほど、成功する! 4.体力と頭脳さえあれば、いつでもどこでも何でも手に入る。 25.必要最小限のものが最大限の成果を生み出す 45.プロとは、丁寧かつスピーディーに仕事をこなす 51.雑魚の批判にいちいち反応してしまうということは、あなた…

中谷彰宏:メンタルが強くなる60のルーティン

メンタルが強くなる60のルーティン 30.世の中には、100%見方の母親、0%の他人、そしてその間の「他者」という存在がいることを理解する。0か1かの二者択一ではなくその間もある 55.上下関係ではなく、役割分担と考える 72.叱られることは、愛情を注…

藤由達藏:結局1%に集中できる人がすべてを変えられる

結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる 50.過去は過ぎ去り、未来は未だ来ないのだから、私たちは現在においてしか行動できない。永遠に現在に閉じ込められている 54.緊急ではないが重要である課題は、毎日の予定に組み込む。あらかじめ日程に入…

赤羽雄二:アクションリーディング

アクションリーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書" 8.インターネットでは体系立てられた知識にならない。物事の本質に迫るような知識が得られない 55.自分の時間配分の中で本を読む優先順位を上げる 77.読んだ本が1000冊を超えれば、費用対効果…

千田琢哉:人生の勝負は朝で決まる

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣 24.目覚めが悪いのはだらしないからではなく、大好きなことをやって生きていないから 40.よりよい睡眠のために、昼間、頭と体を目一杯使う。よく考えて良く動くために、よく眠るの…

野呂エイシロウ:行動が早い人の仕事と生活の習慣

行動が早い人の仕事と生活の習慣 28.確率が重視されるのはスポーツだけ。仕事は確立でなく、いくつ成功するかという「成果の実数」 37.まずは行動、その結果がうまくいかなかったと感じたら、すぐに原因を分析して、柔軟にスイッチを切り替えていくこと 48…

坂下仁:1冊のふせんノーでで人生は、はかどる

坂下仁:1冊のふせんノーでで人生は、はかどる 1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる 28.ふせんは、ジーノート(gnotes) 49.一瞬でメモできて、そのメモを後で一発で探し出せて、自由自在に活用できること 54.ふせんはメモするのに、ハードルが低い。…

三浦将:自分を変える習慣力

自分を変える習慣力 (ビジネスライフ) 18.ひとつの良い習慣を身につけることで他の良い習慣が連鎖するように身につく。小さなアクションを起こし続けることで大きな変化をもたらす 29.「知っている」から「できる」という段階で起こってくるのが違和感。違…

瞬間モチベーション——結果を出す人の驚くべき思考法

瞬間モチベーション――結果を出す人の驚くべき思考法 23.インサイト(気づき)とは、物事に対する理解や、頭脳の明晰性を高める新しい思考 39.モチベーションとは、特定の生き方を指定という欲求や意思エネルギーであり、外的な物事に一切左右されない。モ…

柴本秀徳:誰も教えてくれない考えるスキル

誰も教えてくれない 考えるスキル(日経BP Next ICT選書) 36.コンセプチュアルスキルとは、なんとなくを言語化して手応えを感じながら取り扱うスキル 47.ずっと突き詰めて考える。考え続ける力が「知的執着心」やる気がなくなる。モチベーションがなくな…

千田琢哉:その他大勢から抜け出し超一流になるために知っておくべきこと

その他大勢から抜け出し、超一流になるために知っておくべきこと 13.ひそひそ話というのは古今東西を問わず下々の人間の専売特許 28.仕事が出来る人は、緊急ではないが重要なことをが唯一な仕事としている。緊急+重要、緊急+重要でないことは始業時間前…

岡田斗司夫:頭の回転が速い人の話し方

頭の回転が速い人の話し方――あなたの会話力が武器になるユニバーサル・トーク×戦闘思考力 74.周りの人たちとの対話を重視して、そこで出た結論をみんなの結論にする 86.共感力が基本。共感さえすれば、賛成してもらえなかったとしても大きな利益が得られる …

クラウド版デットライン仕事術:立花岳志

クラウド版 デッドライン仕事術 33.うまく仕事が進められないときは、仕事を出来る限り細かくブレイクダウンする。エメンタールチーズ化する 74.人生のプランを立てよう「仕事」「家庭」「財産」「教養」「健康」「趣味」 78.計画があるからこそ、その計…

外山滋比古:忘れる力思考への知の条件

忘れる力 思考への知の条件 11.記憶と忘却は、敵対関係にあるのではない。精神活動が実り多きものになるためには、手を取り合って協力する仲間であると考えるのが妥当である 12.他人がやらないことをしているという意識は、若い者の虚栄心をくすぐる 16.…

スティーヴ・レヴィンソン:最後までやりきる力

最後までやりきる力 4.生産マシンと言われる人は、決意を固めてから実行するまでまったく間を置かない。実行あるのみでやりたいとかやりたくないとかいう気持ちは関係しない 6.成功するためには好きなことだけをしているわけにはいかない。やりたくないこ…

伊藤真:続ける力

続ける力―仕事・勉強で成功する王道 (幻冬舎新書) 30.新しいことを始めるには、それを生活の原則にする。自然に自分の中に取り込む。 43.モチベーションの維持 ゴールだと思っていた合格は、単なる通過点にすぎない。目標とすることを手に入れた後どんなこ…

語彙力こそが教養である (角川新書)

語彙力こそが教養である (角川新書) 6.語彙力が豊になれば見える世界が変わる 18.少ない語彙で表現することは、その便利さと引き替えに「ほんとうの自分よりも低いレベルで見積もられてしまう」という大きな代償を払うことになる。人は「どれだけ話が通じ…

ニッコロ・マキアヴェッリ:リーダーの掟 超訳 君主論

ニッコロ・マキアヴェッリ:リーダーの掟 超訳 君主論 009.気前がいいという評判が本当に必要なのは、君主への途中にある場合だ 倹約して組織を運営しなければならない。余計な財政出動はしない 020.恐れは君主が自分の力で引き起こすことが出来る。どうする…

山口周:読書を仕事につなげる技術

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術 9.様々な本から得た知識を貯蔵し、文脈に応じてそれらを組み合わせることで知的成果を生み出すことが求められる 22.教養書(リベラルアーツ)は雑多な本を気の向くままに読み、読書ノートを取る、自己啓…

猪俣武範:目標を次々に達成する人の勉強法

ハーバード×MBA×医師 目標を次々に達成する人の最強の勉強法 21.目標を設定する上で「生涯で何を達成するか」仕事、家族、経済、健康、教育、趣味などカテゴリーを分けて具体的に設定する 29.履歴書を定期的に更新する。目標と現状の結果である履歴書を比…

清水幾太郎:論文の書き方

論文の書き方 (岩波新書) 6.多量の精神的エネルギーを放出しなければ、また、精神の戦闘的な姿勢がなければ小さな文章でも書くことは出来ない 9.かなり硬い書物を選んで、それを丹念に黄泉、短い髪数で紹介を書くという方法は、広く初歩の人々に勧めること…

齋藤孝:書く全技術

大人のための書く全技術 34.書くことに慣れ、書くように話すことで自分を鍛えていくと、書く力と話す力が有機的に成長していき、やがて思考力も飛躍的の向上する 45.マクロの目とミクロの目。その両方をつなげて書くことによってはじめて、この人間は問題…

マンガで伝授 デッドライン仕事術

マンガで伝授 デッドライン仕事術 47.締め切り すべての仕事にデットライン=締め切りをつくる。追い込まれることによって、仕事の効率的になると、余裕が生まれ、やるべきことがいくつも見えてくる。つまり、制約を課すことによってより具体的に見えてくる…