読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一流の人に学ぶ自分の磨き方


二流の人は「できない」と思い込み、一流の人は「できる」と考える

自分が受けた刷り込みを修正する決意をし、自分を強化する思考、哲学、習慣と取り替える

人間の究極の自由を行使する。それは自分自身が選択する自由を持っているということだ。自分が選択する力を持っていることを肝に銘じよう

二流の人は人生という舞台の観客だ。その原因は信念を持たずに生きていないから

ビル・ゴーブ「大好きなことをして働いているなら、あなたにとって最高の報酬は、それをするという経験である」

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ「軽薄な人間は他人をからかい、あざける傾向がある。しかし、自分を少しでも尊敬している人は、他人を見下すようなことはけっしてしない」

ビンス・ロンバルディ「勝つことが全てではない。勝つ決意をすることがすべてなのだ」

ゲーリー・プレーヤー「人生で成功するためには途中で苦しむことを覚悟しなければならない。逆境のときに苦しむ覚悟ができていないなら、どうやって成功するというのか」

ジョン・ドライデン「まず人間が習慣を作り、次に習慣が人間をつくる」

ジョージ・クレイン「称賛はこの世で最も強い善の力である」

オリソン・マーデン「勇気と自信を失わないものが失敗して終わることはない」

マハトマ・ガンジー「弱い者は他人を許すことが出来ない。許すことは強いものの証である」

デール・カーネギー「人と接するときは、相手が論理の生き物ではなく感情の生き物であることを肝に銘じよう」

ジョッシュ・ビリングス「理性が間違いを犯すことはよくあるが、良心が間違いを犯すことはない」

ポール・ムーディ「人間の価値の目安は、どれだけ多くの人に役に立ってきたかで測られる」

無限の潜在能力を自覚しよう
二流の人は自分の限界を確信しながら生きている
一流の人はこういう信念が間違いであり、そのために無数の人が精神の牢獄で過ごしていることを知っている

一流の人は明るい
「思考が環境を作り上げる」内面の世界が外面の世界を決定する

すべての偉大な思想家の見解が一致しているのは、引き寄せの法則が確かに存在し、人間の主な思考を現実にするということだ

仕事でも人生でも学習と成長が欠かせないことを理解する
足りないのは資源とお金ではなく、アイデアだ。リスクを取らなければ進歩はない

一流の人は「この状況は生死に関わることではない」と自分に言い聞かせ、平常心を保つことを心がける

他人よりも優れていたいとういう欲求を捨てて、自分を磨くことに意識を向けよう。自分自身に勝つことを考える

能力開発のために継続すべき重要な活動を3つあげ欠かさず実行しよう
読書 自己啓発、ノウハウ
嚥下 論文読む、論文書く 解剖学書、手術書を読む
アウトプット 論文書く

集中力こそ成功の秘訣である


二流の人が快楽を追求している間に、目標達成に全力を傾ける。大きな業績を上げて結果的に多くの快楽を得る。充実感と言うなの精神的な快楽を得る

一流の人は自分の心の中の疑念、恐怖、心配に立ち向かうことが最大の試練であることを知り、それを乗り越えるために果敢に戦う

仕事を楽しんでいるから成功するのだ
自分が楽しいと感じることを勉強しそれに全力を傾けること

「人生は短いから今がチャンス」だと言い聞かせる

自分で道を切り開いて前進する。障害を次々と乗り越えて人格を何処まで強化できるかが成功の真の目安であり、それによってさらに大きな業績を上げられる。障害を取り除いてしまえが成長の機械を失うことになる

家族、仕事、人生に最善を尽くす

規律とはどんな状況でも自分を律することだ


被害者意識を持たず、自分の決定に責任を持つ。幸せは他人に与えてもらうのではなく、自らそうなるものだと理解する。

プロの仕事人であることの大きなメリットは、自分を何処にでも売り込めることだ。必要とされる人間に成長する

失敗は軌道修正の好機

頂点に上り詰める旅を加速するために他人の思考、哲学、週間を真似ることである
人類の英知をすべて自分の経験で学べるほど長く生きられる人は一人もいない

自分がかつて二流の人として出発したことを忘れない

大きな自負心を持つことは不可欠。しかし、一流の人はそれを決して他人に見せいないように気をつける

ポール・ムーディ「人間の価値の目安は、どれだけ多くの人に役に立ってきたかで測られる」

「常に良心に従って行動しているかと」という重要な問いを自分に投げかけよう。良心に従って生きる

勝利への道は汗と涙と血で敷き詰められている。一流の人はそれを熟知し、なんどでも戦って精神力を鍛え、ついに偉大な人物になる

「事なかれ主義に陥っていないか」と自問し、そうならば意見の対立を恐れずに積極的に行動しよう

相手の重要性を強調するような話し方を心がけよう

ユーモアが心と体と魂に及ぼす力をよく理解し、それをストレス軽減の方法とみなす

一流の人は絶えず自分を磨くために時間を投資し、学校を出た後も永遠に学び続ける。普段の努力こそが一流の人を支える基盤である



自分が受けた刷り込みを修正し、自分を強化する思考、哲学、習慣入れ替えるよう努力する。また、究極の自由である選択する自由を常に行使しよう。人生という舞台の主役になることを心がける。絶えず自分を磨くための時間を投資し、学習を継続する。

一流の人に学ぶ自分の磨き方

一流の人に学ぶ自分の磨き方