読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネススキル・イノベーション ― 「時間×思考×直感」67のパワフルな技術


時間の量に焦点を当てている限り、時間が足りない状況から抜け出せない。コントロールする必要があるのは時間の量ではなく質。それに気づけば時間管理の新しい地平が見える

時間管理は量から質へ
思考は過去から未来へ
物事の捉え方は知性から感性へ

日常生活に潜む不確実性のリスクが、仕事を想定の1.4倍時間かかることに導く。そのリスクとは 欠落、無知、未熟、気力の低下など

1.4倍の見積りでスケジューリングしつつ、仕事のやり方を工夫し時間リスクを小さくしていく

時間リスク対策だけなら1.4倍で十分だが、知的成熟させることを考えるとそれだけでは足りない。企画力や表現力、あるいは全体の構成力が問われる仕事なら、5-10倍のスケジューリングをしてその間に思考を寝かせる時間がほしい。なるべく早い段階で仕事に手を付けることが必要。とにかく仕事に手を付けることで、思考を寝かせる時間を持つことが出来る

「自分から他人」「他人から自分」と視点を自在に動かして仕事を捉え直していくことで、捨てるべき仕事をやるべき仕事へとかえることが出来る

人に仕事を下ろす場合、自分の直接的な作業量は減るが、情報伝達という新しい仕事が発生。注意すべきは「伝達」よりも「変換」
自分の意図が正しく伝わらない根本的な原因は、考えを言葉に置き換えるときの変換ミスにある可能性が高い。 p48

変換ミスを避けるには絶対的な表現を使う

相手のレベルと仕事の内容で指示を使い分ける p50

報告、相談、連絡では目的が違うだけでなく、ふさわしいコミュニケーションスタイルも異なる p53

リードタイム(作業着手から納品までの期間) 仕事を細分化すればお互いの待ち時間が減り、結果的にリードタイムの短縮につながる

外的刺激によりアイデアが飛び出す p64

樹木を移植する前にまず根本の太い根の一部の皮をぐるりと剥きます(環状剥皮)ふたたび土中に埋めて放置すると、向いた部分から細根が生えてきます。これを何度か繰り返すことにより根本に沢山の細根が生えてきて移植に耐えられるようになる

手帳も目的によって最適な一冊は違う。手帳と仕事はリンクしているので、仕事における役割の見直しは手帳の見直しにつながる

モラルは私達が目指すべき中心点。中心点に近ければモラルが高く、同心円状に離れていくほどモラルは低くなる。
ルールは、モラルからこれ以上離れては池にという限界を示す境界線

ルールはマニュアル、モラルはガイドラインといえる

個人とチームの関係は5つに分けられる p88

草食系には現状のままでは地獄が来る、肉食系には頑張れば天国があることを示す

1を教えるには自分は10を知る。それにより自分も一段上の高みに到達することが出来る。一段高い視点を獲得できることが教えることの最大の効用といえる
リスクは日常的に付き合ってコントロールすること p98
リスクは未知の領域からいきなり表面化する

経験や知識を元にロジックを構築していくのが知性、ロジックを飛び越えて直接、予感、予見に至るのが感性

感性で判断して知性で検証する。まず、0.5秒の間に感性でジャッジを下し、次に制約条件などを論理的に検証していく

進歩管理シートを使ってインプットとアウトプットを可視化する p112

情報と知識の違い
情報は目標達成に役立つ知識のことを言う 最初の「誰のため、何のため?」を意識すれば情報と知識の区別はつく

情報収集や情報処理に関する無駄な作業を減らすには、まず新しい情報を明確にする必要がある
トリプルA情報だけをストックして管理する p114

人脈は作るものではなく、出来るもの。自分が周りに提供できるファンクションを持っていれば、自然に人は集まってくる。逆に言えば人脈ができないのは自分が提供できるファンクションに魅力がないから

タスクの最低単位は集中力を最大限に享受できる20分 、25分間仕事、5分間の休憩をワンセットにして処理する。(ポロドーロ・テクニック)細分化しすぎると集中力が高まる前に別のタスクに移ることになりかえってパフォーマンスが低下する

価値の向上を図るときにはインプットとアウトプットのバランスを考える p187

お金は増やせるが、時間は増やせない
知識はお金で買えるので、基本的にいつでも入手可能。経験はいま、その瞬間でしか出来ない
経験は十分に差別化要因になり得る。経験はその時の時間を投資することでしか入手できない。後発が追いつくことは原理的に不可能。先に経験を積んだ方の勝ちになる

想像は知識と経験とが化学反応を起こした結果として生まれる。環境、道具、技術が整い、動機が加わって初めて化学反応が起きる p195

感性を磨きたければ今この時を大切にして生きるしかない。真剣に生きた時間の積み重ねが感性を高め、より先を見据えた長期計画へつながる

人生のうねり、自分の周期を知ることで、人生の長期計画は具体性を帯びる。人生を棚卸して自分のサイクルを把握してみる

ゼロベース思考、過去の軌跡に関係なく未来に進む p216
目的は「何のため?」という問いかけによって明確化する
過去を手放し未来をつかむ

いい波に乗るにはタイミングを待ってはいられない。準備を怠らず、波が来れば迷わず乗ってみる。それでこそいい波を捕まえられる

一日一瞬を生きることに集中する。私達が生きている人生は常に今日。
人生は今日の総和。今日の質が低下すれば人生の質も低下する p226
私達がコントロールできるのは昨日でも明日でもなく、今日この瞬間


時間管理は量ではなく質を重視する。量から質への転換。タスクの最低単位は集中力を最大限に享受できる20分とする。、25分間仕事、5分間の休憩をワンセットにして処理する。細分化しすぎると集中力を享受できず、時間の質の低下を招くことに留意する。思考は過去から未来へ、トレンド思考からゼロベース思考へ。目的は「何のため?」という問いかけで明確化する。物事の捉え方は知性から感性へ、経験や知識をもとに構築していくのが知性、ロジックを飛び越えて直接予感、予見に至るのが感性。感性を鍛えるには、瞬時に判断し、その後ロジックで検証する。今この瞬間を大切にし、真剣に生きた時間の積み重ねが感性を高める。人生は”今日”の総和。今日の質が低下すれば人生の質も低下する。

ビジネススキル・イノベーション ― 「時間×思考×直感」67のパワフルな技術

ビジネススキル・イノベーション ― 「時間×思考×直感」67のパワフルな技術