読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断: 自分にイノベーションを起こそう!


ミスを犯したらまずはプロである自分に求め、他人のせいにすることを最大の恥とする

ビジネスの決め手は、人間観察力だ
より深い人間観察の補助としてインターネットを活用する

社会的地位の高さとクラクションの長さは反比例する

世の中には考える前に行動する人がいる。考える前に行動する人に遭遇すると、いかに自分がもたつく人間で、チャンスを逃し続けていたかに気付かされる
行動に移しながら相手を納得させる。行動せずに呆れられるよりは、行動して肘鉄を食らったほうがはるかに学ぶことは多い

せっかく生命の断片である時間を削りながら目の前の人と合っているのに、噂話で時間を浪費するのは生命の無駄遣いだ

恐怖も快感も全てにおいて、目を背けずに一緒に見てきたものが人生の宝物になるのだ

陰口というのは第三者を通して伝わると憎しみが倍増するが、褒め言葉というのは第三者を通して伝わると嬉しさが倍増する

過去の偉人達や自分の尊敬する著者たちの考え方をなぞることによって、いかに自分がちっぽけなことで悩んでえいたのかを思い知らされる。読書で得た知識を武器に自力で壁を乗り越えて次なる挑戦に結びつけていく

人は自分の自慢話に熱心に耳を傾けてくれた人を大好きに生る。聞き上手になろう

「検討しておきます」というのは「断るのを先延ばしする」という意味

いちいち群がらなくても、強い心の絆でつながっているので寂しくはない

社会的地位の高さと「ごめんなさい」を口にできるスピードは比例する

日々の喧嘩はコミュニケーションの一種であり、重く考える必要はない。小さな喧嘩をたくさん済ましておくからこそ、大きな喧嘩に発展しない

退屈な正しいことよりも幸せになれる好きな事を優先する。好きな人のリアクションが判断基準

社会に出てからが本番
大学受験に間に合わなかった努力は大学に入ってから花開く
大学に入ってから頑張ったことは、20台中盤以降で花開く
20代を通して頑張ったことは、30代以降で花開く

睡眠時間を最優先する。熟睡した後に空いた時間でやるべきことをやる
睡眠時間を削らなければならないのは、起きている間の時間をうまく活用できていない証拠だ

自分の長所を発掘して、生きている間はずっと輝き続けるためには、お金を稼ぎ続けるのが一番だとわかっている

自分がいつもフリーランスのつもりで仕事をする

どうでもいい羊との喧嘩は関わるだけ時間の無駄なので、さっさとその場を立ち去るために好んで負けたふりをする。負けたふりをは実力があるからこそ出来るのだ

群れから飛び出して挑戦者の人生を選ぶ

ニヤニヤ笑っている側より、ニヤニヤ笑われている側のほうが幸せな人生を歩んでいる

ライオンはひたすら自分を磨き続けているので黙っていても数少ない別のライオンから声をかけられる。声をかけてくれた相手を大切にする

夢を現実にする人の共通点は、紙に書き出すスピードとはじめの一歩が猛烈に早い

この世で最高の復讐は憎らしいことをした相手が後退りするほどの力をつけて、最後にあっさりと許してあげる事だ

目の前の現実から目を逸らした人に夢を叶えた人は一人もいない

自分自身の過去に負けていないか、昨日の自分に負けていないか、こだわるポイントは常にそこだけ

一つの努力で一つの成果が出なくても、必ずその経験は貯金されている。すぐに成果が出なければ出ないほど、福利で経験は蓄積されていく

ライオンは群れから飛び出して挑戦者の人生を選択する。仕事はフリーランスのつもりで、自分自身の過去に負けていないか、こだわるポイントはそこだけにする。ひとつの努力でひとつの成果が出なくてもその経験は蓄積され、のちに必ず収穫できることを知っている。行動しながら考える。ひたすら自分を磨き続ければ黙っていても数少ない別のライオンから声をかけられる。まずは、自分の長所、自分の今携わっている仕事を限りなく伸ばす努力をしていこう。そうすればライオンに変われるチャンスも出てくるだろう。

ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断: 自分にイノベーションを起こそう!

ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断: 自分にイノベーションを起こそう!