読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく


設問を間違えるから解答を間違える
的はずれな仕事は「考える」というプロセスが抜けているか、「考えるポイント」がずれているときに発生する
本当の問題は「成果が出ない仕事のやり方」そのものではなく、「何をすれば成果が出るのか」を知らないことにある

「何からすべきなのかを考える」頑張らなくていい方法を考える

他人から指摘を受けることを脅威と捉えるのではなく、他人から指摘を受けるときは「考える」大きな機会と捉える

大事なのは「許されない失敗」をしないこと
許される失敗は影響度の小さい失敗
許されない失敗は影響度の大きい失敗

順調に回っている仕事は回さなくて良い。重要なものを守る

仕事のリボ払いをしない。仕事はそので完結させる意識を持つ

行動する前に「たった5秒考える」考えて行動すると成果が伴う

1.優先順位を付ける力
本当にそれからするべきかを考える
期限がない仕事でも、作業の終了時間を決める。優先順位の設定は、ほんとうに正しいのかと疑う時間も5秒持つ

2.問題発見力
本当にそれで解決するのかを考える

これは解決しなければならないと感じている問題が、本当に解決すべき問題であるとは限らない
自分にとって大事な問題から片付けようとしない。

3.思いやりの力
相手がどう思うかを考える

限られた時間や極度のストレスの中で抜けやすい思いやりや配慮、感謝の行動に留意する
相手ならどのように思うのかを考えることによって言葉の語尾が変わる
受け取った人の反応を予想すると正しい選択が見えてくる
相手ならどう思うかを理解する

4.自己分析力
なぜ叱られたかを考える
叱られるということは、必ず改善するべきポイントがある。プラスのパワーに変換する
またやってしまったという失敗は、前回の「なぜ叱られたか」を十分に考えていない証拠

5.確認する力
ほんとうにそれで大丈夫かを考える

大丈夫だという思い込みは全く根拠がない。発生する可能性は十分にある。だから、大丈夫だと自分を騙すことなく「ほんとうに大丈夫か」を考える
「任せる」と「放置する」は違う。たとえ仕事を任せても、進歩の確認をするのは、任せた人の義務。

6.創造力
本当に一番効率的かを考える

もっと安全に、楽に、早く、正しく出来る方法なないのかを考える 安楽早正
決められた方法や今までの方法が一番効率が良いという発想を疑う

7.洞察力
次にどうなるかを考える

先を見る力のある人は、様々な情報を掴み、全体の流れの中で現象を観察する。洞察力
次にどうなるかを考えることでどんどん視野が広がる
リスクを察知すれば余裕を持って仕事が出来る

8.当事者意識を保つ力
相手が何を求めているかを考える

自分自身に求められていることを察知する力を当事者意識という。何が求められているか感じる

9.対策立案力
他に手はないかを考える

ひとつの方法だけでは、ダメなのは当たり前。「必ず他に手がある」と思っていくつもの方法を考える

10.組織活用力
誰に聞けばよいかを考える

自分より詳しい人に聞く、その前にまず自分で考えるというプロセスを行なってから聞く。

「この件は、これでよろしいでしょうか」

聞ける人のリストを頭の中に作っておく

11.段取り計画力
仕事はすすんでいるかを考える

常に仕事を動かすとは、自分が止まっていても常に仕事が進むことをいう
仕事は止めないが原則。自分が止まっても仕事は回り続ける。これが段取力

12.課題作成能力
本当の原因は何かを考える
「きっと・・・のせいだろう」と漠然かつ定性的な考え方ではなく、「原因は・・・である」と限定的かつ定量的な考え方ができるかどうかが大切
本当の原因はなにかと考えられることが重要「原因を特定する方法」を知らない人が多い。原因にたどり着かないのは、原因がないからではなく、原因を探そうとしないから
何故を三回繰り返す

13.目標設定力
ゴールを考える
目先の石を飛ばない。到達する場所を決める。これが目標設定力。
具体的なゴールを決める
同じ事象でも、目標設定ができる人は機会ととらえる

14.リセット力
白紙に戻そうと考える

考え方をリセットしたり、今の感情をリセットする。
リセットボタンは自分の中にしかない

15.逆算力
逆算したらどうなるのかと考える
バッファを考えて、逆算する必要がある
積み上げ方式ではなく、逆算で考える

考えて仕事をするとは、行動を起こす前に「5秒だけ考える」こと。
考えることを要求されない環境に馴染んではいけない。
自分が考えなくても、誰かが考えてくれる環境では、「考える」という人間本来に力は失われていく。

考える手間と加工する手間を追加することで、価格の差が生まれる

実際に考えそして行動する。
ビジネスの最終的な理想は、自分が動かなくても、成果が出る仕組みを作ること


考えて仕事をするとは、行動を起こす前に「5秒だけ考える」こと。以下15の項目について一瞬立ち止まって考えよう。1.優先順位を付ける力 「本当にそれからするべきか」を考える 2.問題発見力「本当にそれで解決するのか」を考える 3.思いやりの力「相手がどう思うか」を考える 4.自己分析力「なぜ叱られたか」を考える 5.確認する力「ほんとうにそれで大丈夫か」を考える 6.創造力「本当に一番効率的か」を考える 7.洞察力「次にどうなるか」を考える 8.当事者意識を保つ力「相手が何を求めているか」を考える 9.対策立案力「他に手はないか」を考える 10.組織活用力「誰に聞けばよいか」を考える 11.段取り計画力「仕事はすすんでいるか」を考える 12.課題作成能力「本当の原因は何か」を考える 13.目標設定力「ゴール」を考える 14.リセット力「白紙に戻そう」と考える 15.逆算力「逆算したらどうなるのか」と考える。考えることを要求されない環境に馴染んではいけない。誰かが教えてくれても、それは考えなくていいという事にはならない。難しく考えなくて良い。たった5秒立ち止まって考えるという人間本来の力を使えば効率や成果は上がる。実際に考え行動しよう。

たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく

たった5秒思考を変えるだけで、仕事の9割はうまくいく