読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対成功する大富豪のオキテ


成功者は起こす。やる。外に出る

経験したものと経験してない人の間には天と地ほどの違いがある。

仕事いろいろなものをもらえる。
人脈、喜び、お金、人の話。「もらえている」ことに着目することで楽しさももらえる

出会わずして成功なんて無い。
感謝することを忘れてはいけない。

人に合うときは欲をかかない。
気に入られようとする必要はない。ありのままの自分で良い。虚勢を張らない

ほんまモンは人を当てにしない。自分で何とかしようとする人たち

縁があるとしたら、その縁は必ず育める。育めなかったら縁がなかった証拠。育めたものが縁。

24時間365日という共通平等の鉄則。退歩が小さい人は大退歩してる人の数倍早く前に進んでいる

忘れるをないがしろに手はいけない。「忘れる」を意識して人生を送ることが大切

限界を知るには限界に達している人に合う

率先してなんでもやる

困難を困難と思わない。どっちみちこなさなければならないのであれば、悲観的になる必要はない

限界というのは引き伸ばせる。ホントは「限りなく」が正解で、限られたことなんか何もない

他人事という考えは持たない。自分から消してしまえ

豊かさというのは継続で、幸せというのは一瞬

豊というのは幸せの一階級上で、いつそれを思い出せいても幸せ。継続するしあわせ。それが「豊か」

ラクを選ばない。自分の選択肢に「ラク」をもっていたら絶対貧乏。ラクしないとしたら、楽しまなければならない

従事することがキャリアではない。一つのことに特化して従事させられていては、他の可能性を一切を摘まれてしまう

一言では人生は変わらない。いろいろなことの積み重ね。

ほんまモンとは「本音と建前」の本音で生きる人
建前とか体裁を気にしていたらキリがない。そんなものはなくす

人を選ばないで出会いまくる。自分が人を選ばないことで、相手も人を選ばない

学び過ぎることで、時間という最も大切な物を失ってしまう。人は行動して、経験してはじめて育つ

義務付けられた環境に従わなければならない人生は窮屈

成功者には笑顔がある

自分で何とかできることは率先して、自分で何とかする。
人に注意、忠告している場合ではない。


義務付けられた環境に従わなければならない人生は窮屈。仕事に縛られて、他の可能性を摘まれてしまっていることを意識せよ。頑張った稼ぎを増やすことに力も入れるべき。どうせやらなければならないことに悲観的になっている暇はない。楽に生きようなんて思はない。自分の選択肢に楽を持っていたら絶対貧乏。その中に楽しみを見出だそう。限界というのは引き伸ばせる。限られたことなんか存在しない。学び過ぎることで、時間という大切な物を失ってしまう。人は行動して初めて育つ。小さなことから始めれば、失敗して退歩しても、大きく失敗して大きく退歩してしまうよりも前に進むスピード早い。ホンマもんは本音で生き、自分で何とかできることは率先して、自分で何とかする人を言うのだ。

絶対成功する大富豪のオキテ

絶対成功する大富豪のオキテ