読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生とは、一着にならなければならないような愚かな生存競争ではない


他人を差別することに何の疑いも持たないのは正しいことではない。人間は一人ひとりが違っているのが当たり前である。
相手の個性を認め、相手の立場に立ってその考え方を理解できるかどうかが、勝者と敗者の分かれ目になる

幸せとは、あなたが価値があると思う人生を生きるという過程である
幸せは他人の尊敬を得ることだけでなく、自尊心を得るという自然な経験である

成功者は積極的に成功の分け前を他の人に与えようとする
人に与える。それでいて何も損はしない。
勝利を与えることは単なる必要な物の相互交換よりも重要である。
ウィンウィンは、他の人と分かち合うことによって得られる勝利のことである。

敗者とは、自分を自由にするための決意を、一度もしたことのない人のこと
人生で何をすべきか決めかねている。自分の周りに起こる出来事を見るために毎日出かけている。

目的を持てば、その目的があなたを長生きさせてくれる

満足感は、他の人達が勝利を手にすることを手助けすることによって得られ、人に与えることによって、自分もまた与えられる

コミュニケーションは「他人の価値を認める」という事が最もスキルで大切。
関心は、自分自身にあるのではなく、他人にある
自分の興味だけではなく、相手の興味を心に留めておけば相手もそれを感じ取る

敗者は、注目を浴びようとする
勝者は、尊敬を得ようとする。
ウィンウィナーは、人々の尊敬を得ている

人生とは、一着にならなければならないような愚かな生存競争ではない
ウィンウィナーには、最後に到着しても一着になれるという、自分自身に対する確かな信頼感がある

あなたが自分自身の満足を得ようとする努力よりも、他人をケアすることにより、より多くの時間と努力を費やそうとしているなら、そこには生熟と愛が存在する証拠になる。これこそがウィンウィンである。これは自然に起こる現象ではない

私たちは、間違った自己イメージを通して、自分自身に課した限界を超えて成長していくことはできないが、限界を新たに置き換えることはできる。自己イメージはセットし直すことができる。

失敗や子供の頃に張られたレッテルをいつまでも気にして、前進することを怠ってはいけない。
失敗の衣をいつまでも着ていてはダメなのだ。消極的な行動は繰り返さないようにし、積極的なものは強化するというような学習経験であれば高く評価できる

自敬意識
部分的に帰属意識と自我意識に関係している。それは、自分自身に対する姿勢を承認するためには、他の人々によって自分は受け入れられ、認められていると感じる必要がる。自敬意識は私たち自身の自己承認に依存している。

過去に成功したことを連想することが、明らかに崇高な動機、あるいは、なにか私たちに良い結果を出させるものにつながる

自己イメージの4つのダイヤル
帰属、自我、自敬、そして自制意識

自己説得において前向きで建設的であれば、自己イメージは発展、成長する
良いパフォーマンス、あるいは悪いパフォーマンスにどのように対応したかによって、結果が一時的成功に終わるか、勝者としての永久的な地位を獲得するかの違いとなって現れる。
ウィンウィナーになるためには、毎日、建設的なフィードバックを欠かさにことと、自己説得することが必要である

私たちは個人的にも、グループとしても、優れた仕事を行い、高いレベルの達成を果たすという意味での勝利を目指さなければならない。

問題を解決するのは思考であり、自分がなすべきことを行うことであり、自分の責任、義務の意欲的な遂行である

自分の価値を知り、自分が誰であるかを知っている彼らは、与えながら常に自分の安全を感じている。その安全を感じながら、他の人達の勝利を援助するために意欲的に与えることができるようになったとき、人間は高度な段階に達することとなる。

とにかく与える人間になることだ。それによって自己イメージ・サーモスタットは間違いなく、高い位置にセットされ、その快適ゾーンの中で、あなたは喜びと満足とともに、自分自身のために、そして、他の人たちのために、いきいきと活動できるようになる

私たちには、自分の世界を輝いた状態に保つ強力なパワーが備わっているということだ。それもすべて、私たちが、自分自身の世界をどのように見るかで決まってくる

世界クラスの人物とは、他の人たちが口先だけで唱えていることを、自分の時間と労力を意欲的に費やして実行した人物

自分がほしいと願うことを、他人にもしてやること
他の人達の勝利を援助することで、あなたも勝利を手にすることができる

勝つこととは、すなわち自分の最良のものを他の人達に与えることである。そして、毎日、寛大な心で他人に奉仕することである。



間違った自己イメージを通して、自分自身の限界を超えることはできないが、限界を新たに置き換えることはできる。過去のレッテルを気にして、前進を怠ってはいけない。毎日建設的な自己フィードバックを欠かさないこと、自己説得することが大切。 自分ではなく、他人を成功させることに着目しよう。損得を考えずに与える側に立つ。自分の価値を知り、自分が誰であるか知っていれば、与えながら常に自分の喜び、満足感を得ることができる。

人生とは、一着にならなければならないような愚かな生存競争ではない

人生とは、一着にならなければならないような愚かな生存競争ではない