読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書の技法 千田琢哉

一生イノベーションを起こしつづけるビジネスパーソンになるために20代で身につけたい読書の技法

 

17.自分の経験に書物の経験を加えると経験値が倍増する

19.読書は、読破することが目的ではない。その本から、1ワードでも吸収できたら儲けもの

23.群れていると、読書の時間が作れなくなる。群れた羊でいるよりも、自分磨きを究めるライオンになって輝き続けよう

25.愚痴とはすでに成長することを諦めた物同士が、ひたすら時間を浪費する行為.成長を求める人は必ず読書している

37.精神状態がタイトルを引き寄せる。読書家にとって人生のすべては、運命の本に出会うために存在する

39.手に取る本というのはすでに無意識のうちに全身で選別が始まっているのだ。求めていると、運命の言葉に出逢う。本の中に運命の言葉に出逢い、人生が変わる喜びを知ろう

61.知恵で稼ぐ人にとって、頭脳への投資は必要経費なのだ。知恵の道を究めるためには、投資を惜しまないようにしよう。投資した額に応じて年収が上がっていく

67.デジタルとアナログは敵対するののではなく、一体化させるものだ。ネット書店のマーケティングに身を委ねると、効率的な読書ができる

75.自分にとって必要な本は、本当の出会いとの時に巡りあう。買ったか否かを覚えていない本は買っておけば間違いない

91.本の中で理解できる部分、ハッと気づかされた部分のみが、あなたにとって必要な部分だったのだ。人生も読書も、デキないことより、できることにフォーカスしよう

121.本で気づかされたことは、何も意識しなくても、勝手に記憶されるのだ。膨大な言葉のシャワーを浴びておけば、あなたに必要な言葉だけが潜在意識にストックされ続ける

141.本の整理は、人間関係の整理と似ている。大切なことを有効に活用するためには、あやふやなことを断つことだ

147.日常の小さなことから、気づいたことを淡々と綴ろう。読む力は、書く力によって養われる。読む力と書く力の相互関係は、お互いが当事者になり対話することにある

149.自分で文章を書いて本を配ると、書店に並ぶ著者の凄さがわかる。評価する側から、評価される側にステージが変わる

163.納得は受動的にさせてもらうものではなく、能動的に自分でしていくものだと気づかされた。納得は、能動的にしていくもの、矛盾は、融合すると納得できる

166.傍観者から挑戦者になると本当の読書ができる

 

 

読書は、自分の経験に著者の経験を加える事ができる。著者の数年から数十年の経験からエッセンスを学ぶことができる。読破が目的ではなく、1ワードでも吸収できたら儲けもの。自分にとって必要な本は、その時の精神状態などが関係するが、手にとったということは無意識で選別されたものであり、買っておいて間違いない。自分で文章を書こう。書く力によって読む力が養われる。傍観者から挑戦者になると本当の読書ができるようになる。

一生イノベーションを起こしつづけるビジネスパーソンになるために20代で身につけたい読書の技法

一生イノベーションを起こしつづけるビジネスパーソンになるために20代で身につけたい読書の技法