読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない 千田琢哉

あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない

親と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない。兄弟もそうだ

若いころの話や、自分の子供の頃の話を聞いておこう。仕事を頑張っている様子を教えてあげよう

 

116.自分も誰かにとっては嫌な人になっていると気づいているだろうか。出会った人全てに好かれる人はこの世に存在しない。「自分も誰かにとっては嫌な人だな」と感じた瞬間人生が変わる

122.嫌な人は、嫌な人ではない。嫌な人は、嫌がらせを受け続けてきた人なのだ。こころの深い傷が言えるまで、黙って応援してあげよう

124.相手から挨拶されたら大いに反省すべきだ

127.嫌な人に嫌な態度で返すと、周囲から見たあなたが嫌な人にみえてしまうのだ

130.不機嫌に接したきたら、最高の笑顔で返す。無礼な対応をされたら、とてつもない礼儀正しさで対応する。嫌味を言われたら「褒め言葉として受け取っておきます」といって元気にスキップしながらその場を離れる

133.嫌な人は喧嘩するのではなく、包み込むのだ。相手よりも視座を高くすることだ。超上から目線になる

 

 

子と、一緒にいられる時間はもうそんなに長くない

148.ちゃんと抱きしめて育てる

151.ちゃんと突き放すことが、子育ての完成形だ

160.感謝と反省のできる子供に育てたければ、まず親が子供に感謝と反省を伝えることだ

163.これから何かに挑もうとする人間に対してガミガミゆうのは、間接的な殺人行為なのだ

171.「今でもいじめはあるの?」

 

 

自分の周りにいる人間、親、子、知人、上司、そして妻、すべての人と関係において、明日は保証されていない。人生は今この瞬間の積み重ねだ。良い人生というのは、過去が美しい記憶で満ち溢れることだ。今この瞬間は、次の瞬間にはもう過去になっている。今この瞬間を明るくすることで、暗い過去の思い出に上書きできる。死に際をイメージすると、時間の意味が理解できる。大好きな人との別れを幸せに迎えるためには、今この瞬間の蓄積を大切にすることだ。

 

あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない

あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない