読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉 僕のインプット&アウトプット法

1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法

 
13.恥をかいた瞬間というのは最も多く学んでいる。挑戦しなければ恥をかくことはなかった
14.恥をかいていないのは成長したからではなく、単に挑戦していないだけ
22.30点でスタートできることが、社会人エリートの必須条件なのだ
40.頭にい人は知らない人や間違えた人間を絶対バカにはしない。頭のいい人は、他人が知らないこともあるように、自分にも知らないことが山ほどあることを知っている。謙虚にわかりやすく解説しようとする姿勢が、知性に磨きをかける
56.本気で出世したいなら親元から飛び出すことだ
59.人脈が豊富な人に限って、人脈を深めようとしていた。人脈が乏しい人に限って、人脈を広げようとしていた。人脈が豊富な人は、今話している人に全エネルギーを集中させていた
72.予定変更に強い人間こそが、お客様から絶大な信頼を勝ち取るのだ。計算しつくされた出会いは普通だが、計算違いの出会いには感動がある
82.初心者に教えているふりをしながら、初心者から教わっているのだ
88.仕事を与えられた瞬間、相手の予想の倍のスピードで仕上げて驚かせるのだ
99.一人前になるということは、周囲から嫉妬され始めるということだ。少なくとも嫉妬する側よりは、嫉妬される側でいられることに感謝すべきだ
103.楽しい仕事があるのではなく、楽しそうに仕事をしている人がいるだけなのだ
143.値段交渉しないだけで、膨大な時間と人望が買えることになる
153.戦略とは「自分が勝てると確信を持てる土俵で、確実に勝つこと」なのだ
168.自分が満たされた初めて、他人に本心から気配りができるのだ。「世のため人のため」は唱えるものではなく、成功してから溢れるものなのだ

177.ここ一番では、とりあえず深呼吸をしよう。ここ一番でかっこいい深呼吸が出来るために、普段から練習しよう 

 
見切り発車でもいい、30点でもスタートできることが社会人には必要。恥をかくかもしれないが、その瞬間が一番学ぶべきことが多い。最近恥をかいていないならば成長したからではなく、単に挑戦しなくなっただけではないか。楽しい仕事があるわけではない、楽しそうに仕事をしている人がそこにいるだけなのだ。

 

1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法

1日に10冊の本を読み3日で1冊の本を書く ボクのインプット&アウトプット法