読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポレオン・ヒル 悪魔を出し抜け

8.あらゆる限界は自分が作ったもの
30.人間がかかる病気の中で最も最悪なもの、不決断
35.逆境の時に経験したことはどれでも今までの人生の中で最も幸運で有益な経験だったということがわかる。苦しみに見えるものが実は恵みなのだ
59.お前の感じる限界は、すべてお前が自分で創りあげたものである
64.どんな一時的な敗北にも、どんな失敗にも、どんな逆境にも、必ずそこにはそれに見合うだけの成功の種が含まれている
103.自らの感情をコントロールすることを覚え、それを実行できるようにならない限りは、考える人にはなれない
111.「流される」人間は精神的には怠け者で、頭をつかうことをほとんどしない。だからこそ、悪魔(つまり怠惰な心)が思考をコントロールし、その意識に怠惰な心を植え付けてしまう
113.人間の意識は習慣の積み重ねにすぎない。
129.「流される習慣」人間に先送りさせる、つまり明確な決定に至らないようにさせる
144.「流される」ことのない人間は、自分の意志を持っていて、どんなときも自分の頭で考える
181.常に自分の行動を明確にし、中途半端にものを考えたりしないこと。何事も明確に決定していくという習慣を身につけること
188.あらゆる思考のひらめきは、習慣を通して何度も意識の中で繰り返されることにより一定のリズムを作り出す
194.自分の持てる時間を恐怖に怯えて過ごすのではなく、もっと別のことに用いれば、物質世界で臨むものはすべて手に入る
221.習慣が思考のリズムを生み出し、そのリズムによって、その人間がいつも考えている内容が具体的なものとなって引き寄せられる
229.どんな人間も、目的や計画を明確にすることさえできれば、人生で臨むものは何でも手に入れることができる
231.明確な目標を持って生きることを人生の指針とし、日常生活の中でもそれを実践する人間は、決して「流される」という習慣に引きずり込まれることはない
239.計画と目標の両方において明確な人間は、たとえ敗北してもそれを一時的なものとは考えず、さらなる努力を促すものとして受け取る。それを明確な意志のもとに続けていけば、勝利以外の結果はありえない
248.子どもたちに必要なのは、失敗にはそれに見合うだけの成功の種を含んでおり、労せずにして得たものはどんなものでも、恵みどころかむしろ禍をもたらす
257.人間にとって唯一永久に価値のあるものは、自分の意識の使い方だ
280.信念とは、積極的な思考力を認識し、それを使うことの出来る心の状態のことだ。信念とは、明確な目標を持ち、その目標を必ず達成できると強く信じること
295.中途半端な意見を述べることは、人間の持つ習慣の中でも最も破壊的なものだ。中途半端な意見を述べる人間は、事実を積み重ねることなく、想像だけで自分の意見や考えや計画をつくり上げる傾向にある
297.中途半端な意見を述べることは、うぬ漏れと虚栄心を満たそうとすること。自分から好き勝手に意見を述べる人間は、たいてい良くない印象を持たれる
300.自分で自由にものを考えるという特権は、人間が完全に自分でコントロール出来る唯一のものだ
308.失敗とはその人間の心の状態を言うのだ。故にだれでもコントロールすることが出来る。必要なのは自分にはその力があるということを忘れないことだ。結局失敗は、それまで持っていた目標や、その目標を達成するための計画が誤りだったことを示しているに過ぎない。失敗によって人間は、自分が意志の力をどれほど持っているかを試される。さらに、失敗することがなければ決して知ることのなかった多くの真実を学ぶことが出来る
336.「流される」習慣とは、意識がネガティブな状態にあること。なんの目標も持っていないということが一目で分かる状態。成功したければ、まず環境をコントロールし、それによって否定的な環境の影響から身を守ることが重要だ
338.人間の思考習慣は環境から受ける影響によって形成される。よって、その影響をコントロールすることのできるものは自分の運命を自ら支配することが出来る。そうでない者は運命の方に支配される
342.ヒプノティック・リズムとは、否定的なものであろうと肯定的なものであろうと、何かしら表現することを通して、あらゆるもの、あらゆる人間を絶えず動かし続けるという法則。大自然は、何もない空間を満たそうとして、人間の代わりにその脳を使い、否定的なことを考えさせる
350.知恵は、「流される」ことのない人間のように、常に自分の人生を肯定的な思考習慣で動かしている人間にしかもたらされない
383. 1.目標を明確にすること2.自制心を持つこと3.逆境から学ぶこと4.環境から受ける影響をコントロールすること5.時間を味方に付けうr6.調和7.警戒
 
考えることをやめた人間は、常に環境に影響され、自分の人生に責任を取らない。考えることが面倒で、それを放棄したために起こってしまう。怠惰な考え、もしくは思考停止によりその悪い習慣は固定化されてしまい、呪縛から開放されることはない。起こる全ての出来事は、自分の過去に行ったことと積み重ねであり、今起こっていることも、すべては自分の考え、解釈次第で有益にもなり無益、害になりうる。明確な目標と計画を立て、自分で思考することによってのみ明るい未来を切り開くことが出来る 
 

 

悪魔を出し抜け!

悪魔を出し抜け!