読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳩山玲人 桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

 
14.結果を出す人と結果を出せない人は、能力の優劣ではなく、どれだけ準備をしてきたかによって差がついている
21.どんな仕事にもいえることですが、自分自身が全体像をつかんでいない状態では良い仕事はできない。常に自分が責任を追うのだという強いコミットメントを持って仕事に望んでいれば、わからないことがあった時に勉強することは自然に習慣化する
26.最高のパフォーマンスをするためには、出来る限り事前に情報収集をしておいたほうが良い
32.プレゼンは準備は早めにスタートし、何度も推敲して、最後の一言までベストを模索する。紙とペンを使って考える
36.訓練と実践の循環をきちんと回している人と、やるべき準備を怠って目の前の仕事を片付けることにしか意識が向いていない人とでは、成長の速度が全く異なる。本当に仕事力を高めたいなら、小さいことを毎日継続すること。
「3ヶ月後、一年後、三年後に手に入れるために、今日は何をすべきなのかを考えて行動する必要がある
45.チャンスがないように見えても、自分が本当にやりたいと思うことなら、そのために準備はし続けること
55.あらゆることに満足でひとつも不安が一つもないという状態になることはありえない
57.不安を打ち消すための方法として最も簡単で効果的なのは、「情報収集」と「トレーニング」
61.失敗を恐れて何もしないことが、一番、自分を傷つける
76.相手の気持をほぐし、向き合って話せるようになるには、「まずは自分の非を認める言葉を口にできるかどうか」が重要
86.遠慮していると、機械はどんどん逃げていってしまう。成長する機会をつかむには、図々しく人を頼る心の強さも必要でしょう
90.多くの出会いや会話のきっかけを作ると、それだけで自分の中でイノベーションが起こりやすくなる。コミュニケーションや行動を増やすことは、中長期的に自分自身の成長につながる
94.波風が立っていないということは、一歩踏み込んだ行動ができていないことの裏返し
106.成長し続けるためには、いくつになってもどんな立場になっても謙虚に教えをこい、人から学びを得ることが必要なのだ
119.時間は限りのあるリソース。時間をより適切に配分することが、予算や努力といった他のリソースを最も引き立て、大きな結果を導き出す
123.タスクリストは、視点を変えて整理してこそ、時間管理に役だつ。自分の努力や時間が、本来やるべきことのために費やされているかどうかは、常に日々の行動レベルでチェックする必要がある
129.自分の能力の限界を超えていくことによってしか、限界値を引き上げることは出来ない
132.目的を決めても、人は誘惑に負けてズルズルと楽な方へ引きずられてしまいがちなものであり、誘惑に負けないように強い意志を持つ必要がある
149.今後の自分の人生について考えるなら、現状の延長線上だけで一生を終えない可能性を視野にいれておく
156.自分と同じくらいのポジションの人なら、どのような視野を持ち、どんなスキルを身につけているかを考える
159.多くの「できない」「無理だ」という判断は、自分の定義の範囲で物事を考え、勝手に限界を決めてしまった結果である。問題の本質は、「できない」「無理だ」と思った時点で、工夫や努力を放棄してしまうこと
166.この仕事の最終的な目的はなにか、その目的のために自分ができることはなにかを考える習慣をつける
167.定性目標と定量目標、定性目標とは「質」に関するもの。定量目標とは「量」に関するもの
174.仕事を与えられる立場にある人は、自分が何らかの機会をもらっているのだということ常に意識すべき
179.仕事では、指示されたことをそのままこなすのではなく、必ず「本来の目的」や「その目的を達成するために自分が何を期待されているか」まで掘り下げて考え、その期待を超える結果を出すつもりで取り組むことが大切
 
 
結果を出す人と結果を出せない人は、能力の優劣ではなく、どれだけ準備をしてきたかによって差がついている。意識を集中させ、小さいことを毎日継続する。チャンスがないように見えても、自分が本当にやりたいことであれば準備し続けること。自分の努力や時間が、本来やるべきことのために費やされているかどうかは、常に日々の行動レベルでチェックする必要がある 
 

 

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか