読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの人生に孤独を持ちなさい 山﨑武也

あなたの人生に「孤独」を持ちなさい

 

11.自分自身で「消化」する方法を見つけて「昇華」させたりする。

14.人に迎合したからといってもいざとなったら人が自分を助けてくれることはない。自分を守ることが出来るのは、最終的には自分しかいない

24,リスクを冒さないでほしいものを手に入れることは出来ない。皆が危険だと思って敬遠する道を選ぶことが、結果的には自分の一生を豊かにして安泰を守っていく道へとつながっていく

26.人は人の助けを必要としているからといって、何から何まで人と調子を合わせる必要はない。一生は一度限りのものであるから、自分の行きたいように生きてみたらいい

61.褒め言葉だけではなく、非難の言葉でも、自分に関心を持ってくれるからこそ、いってくれるのだ

84.皆がしているからは危険。少なくとも「なぜ」皆がそうしているのかについて熟慮したうえで、従うべきかどうかを判断する必要がある

87.浮き浮きは「浮き憂き」につながる

97.愛によって結ばれている人たちを常に意識して大切にしながら生きている人は、人生の達人であって賢い一流のカテゴリーに入る人である

102.仕事の面における中間管理職は、上からおよびしたからの圧力の狭間にあって悩む。家庭にあっても老いていく親と成長を続ける子の間にあって、重い責任を担っていかなければならない。そこから逃げ出すことは出来ない、閉じ込められた空間である。束縛され閉塞感にまとわりつかれている状態になっている。周りにはめぼしい味方はいない。そこで感じるのは、四面楚歌の中にあって味わう孤独感である

117.群れる男たちは、出来るだけリスクを避け安全を求めているので、安全の殻の中に入っていく。「寄らば大樹の陰」である。存在さえ確かかめることも出来ない

172.「孤独力」を鍛えたり磨いたりする。チャンスは逆境の時しか回っては来ない

184.本質的に生きていく間も独りっきりである。独りで考え独りで判断し、独りで行動し、独りで責任を担っていく。最後に独りで死ぬときまでもそのような状況は変わらない

188.自分を全く孤独の中においてみれば、自分が普段いかに目的と手段を取り違えていたり、目的を目指しながら寄り道をしているかが如実にわかってくる

 

瞑想を取り入れて振り返ってみてみよう、また、瞑想の効果について調べて実践してみよう。

 

人間は、生きていく間誰もが独りである。独りで考え、判断し、行動し、責任を担っていく。最後に独りで死ぬときまでもそのような状況は変わらない。逆境は「孤独力」を磨くチャンスである。迎合するにしても、なぜそうしているのかを熟考した上で、従うか判断する。自分を孤独の中においてみれば、自分が普段いかに目的と手段を取り違えていたり、目的を目指しながら寄り道をしているかが如実にわかる。

 

あなたの人生に「孤独」を持ちなさい

あなたの人生に「孤独」を持ちなさい