読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たった2分で自分を磨く 千田琢哉

たった2分で、自分を磨く。 君の成長を加速させる63の言葉のアクセル
21.好きなこと、自分としては意識していなかったのに、ついついやってしまうこと、人に褒められたことに自分の才能が隠れている
26.才能の始まりは、自分が「自分は天才だ」と勘違いし始めて瞬間。本当の天才は、他人の評価など気にしない
30.仲間もメンターもいないなら、1人でスタートすればいい
42.自分の才能を見つけやすい人は、他人の才能を見つけようとする人だ。他人の長所を見つける習慣をつけよう
48.資格試験、それは単に「扉の前に立っていいですよ」という許可をもらったに過ぎない。扉を開けたところから、プロの道がスタートする
55.準備こそ本番のように打ち込み、本番こそ準備のように淡々とこなす。人生は準備こそ本番であり、本番こそ準備なのだ
58.「最高の技術を提供して最高の収入を得る」がプロの定義。
61.規則正しい生活で安定したパフォーマンスを心がける。何時間寝たと言うよりも、眠くなったら寝て、すっきり目が覚めたら起きる
67.プロは最初から志がプロだから、アマの志の連中と群がることはない
69.プロはわからないことは、わからないとはっきり言う。自分にもわからないことがあることをよく知っているからだ。ただし、わからない部分については生涯をかけて考え続ける
74.目上の人を褒めてはいけない。褒め言葉とは、目上の人間が、目下の人間に対して使うものだ
77.自分の好きな分野以外の勉強は、してはならない
78.「逆」を考えると、一瞬で視野が2倍になる。常識の逆に踏み込んでいけるのが知性
81.「なぜ」を考えると、一瞬で深さが2倍になる。自分が1人で熟考する際には「なぜ」を繰り返すことは有効だ
89.相手が何を望むかを敏感に察知し、やり方を変えられるのが知性
92.順番というのは、自分で強く意識していなければ守れないものだ。
95.大声を出さない、自信のあるかっこいい大人になろう。声の大きな人間が幅をきかせることが出来るのは、社会の底辺層だ。
108.理不尽な要求をされたら断る勇気を持とう
111.人を説得するというのは、嫌われる行為。人は自分から納得したいとは思うが、他人から説得されたいとは思わない
114.人格を磨きたければ、表と裏の両方を磨く、オンとオフの根っこは同じだから、いずれレベルの低い方に一致する。
119.お金は信用の結果
124.好きなこと、楽しいことをやっていると人格が磨かれる
129.幸せになるためには、努力が必要だ。成功するためには、努力が必要だ。努力とは継続力のことだ
132.成果も出せていない人間は、努力していることにはならない。秘密兵器を磨くように、こっそりと努力を楽しもう
136.ノルマは、「強制」ではなく、時分が超えたい「ハードル」と考える
142.いかに自分が報われやすい分野で、圧倒的な努力をするかが大切なのだ。努力と才能が回ってこそ、成功は手に入る
145.努力が現実逃避の中毒になってはいけない。努力に逃げてはいけない。努力はあくまで手段であって、目的ではない。「努力に逃げているな」と悟ることが出来たら、大きく飛躍できたと言うこと。自分が報われると確信できる新しい土俵で、報われる努力をする
148. 正しい努力をしていれば、他人への嫉妬心は感じず、逆に喜べるはずだ。 他人への嫉妬心を自覚したら努力の方向を変えてみよう。
151.ライブルは過去と未来の自分
154.結果を出して正当に評価される人材になろう
161.給料分も稼げていない人間が、仕事の好き嫌いを主張する資格などない
164.しんどい毎日は人生の経験値を貯めるチャンス
167.「なるほど」と力強く一回だけ頷く
182.運命の出会いは、求めても得られない。運命の出会いは、修羅場から逃げない人に対してプレゼントされるもの
209.後輩に教えながら、後輩から教わるのだ
210.人から人へと知識を移動させることによって、脳というフィルターを通過しながら知識は知恵に称さされていくのだ


自分の好きなこと、好きな分野はいったいなんだろうか?自分としては意識していなかったのに、ついついやってしまうことにそれは隠れている。いかに自分が報われやすい分野で、圧倒的な努力をするかが大切なのだ。努力はあくまで手段であって目的ではない。努力が現実逃避の材料になってはいけない。ライバルはいつも過去と未来に自分だ