読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中山真敬:入社1年目のエクセル仕事術

入社1年目のエクセル仕事術

 
21.仕事の基本は簡潔明瞭に
27.グラフにしたい数表を範囲指定して「F11」を押すと新しいワークシートが追加されグラフが出来る
34.シートを1ページに印刷を選べば、自動的にちょうど収まる大きさに印刷される
40.エクセルなら、同じ書式の大量の文書を管理しやすい。エクセルは方眼紙。ワード、パワポより図解が得意
51.ページレイアウト 印刷タイトルから、タイトル行を指定
58.列を挿入したいなら、挿入する右側の列を選択、行を挿入したいなら、挿入する下の行を選択して「ctrl」+「+」
70.逆方向に移動「Shift」+「Tab」
84.「Alt」+「↓」で入力する言葉の候補が表示される
99.「F4」で相対参照、絶対参照が切り替えられる
148.「F12」でファイルの別名保存
158.「ctrl」+[Tab]でエクセルウインドウの切り替え
174.「時間を空けたダブルクリック」で一本の棒グラフを選ぶことが出来る
195.「校閲」ダブからコメントが加えら得る
210.「Shift]+スペースで行、「ctrl」+スペースで列を選択
222.セルの中身を修正する「F2」
232.溢れた文字をセルに収める 列の境界線をダブルクリック
240.同じ操作を繰り返し行う「F4」
241.書式設定画面を開く「ctrl」+「1」
 
単なる表計算ソフトではなく、伝えることを目的としたものである。生産性、効率をあげ、コミュニケーションするための道具である。その手段として、関数やショートカットが存在する。必要性がわかれば自ずと使いこなすことが出来る。

 

入社1年目のエクセル仕事術

入社1年目のエクセル仕事術