読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:読書をお金に換える技術

読書をお金に換える技術

 
20.一流品やベストセラーに馴染むことが稼ぐことへのスタート。周囲の目なんて気にしないで、堂々とミーハーを極めれば良い。お金はもたもたする人間が嫌い
29.好きなジャンルを掘り下げていく作業には、永遠に終わりはない
35.桐野夏生の本は人間心理学の予習と復習になる
46.本気で稼ぎたければいつも一段上から物事を俯瞰する癖をつけて、のめり込むのではなく、誰が一番得をしているのかを洞察すること
56.創業社長に限らず他人の自慢話を喜んで聞けるようになれば、成功する日も近い
59.人生のステージを成功者と一致させる
63.人は自分が未来完了形で書いたプロフィール通りの人生を歩むのだ。著者プロフィールと穴が空くほど睨めっこして、あなたの未来完了形のプロフィール作成の参考にしよう
66.「資本論」を一読すればあなたの人生観は一変する。なぜ使われる立場ではいつまでも稼げるようにはならないのか。なぜ多くの労働者たちは人に使われる立場のまま甘んじてしまうのか。ボーっとしていると、人は必ず使われる立場になって搾取され続けるという事実に気づかされる
73.本物のビジネス書を繰り返し読み、全身の細胞にすり込んでおく
86.忘れたくても忘れられないことが、あなたにとって重要なこと。それでも覚えておきたいことがあれば、どんどん行動に移す。行動に移せば必ず何らかの結果が出る。本と現実とのギャップで痛い目に遭うことが生涯の宝となる
92.普段は読書をして思考を巡らせておいた人だけが、リラックスしたらアイデアが溢れてくる。普段のインプットを怠らない
103.頭では理解できても、行動には移せない。行動には移せても、それが習慣にはならない
111.小さな違いの積み重ねが大きな稼ぎの差となって顕在化する
140.目に見えて年収がアップするのは100冊単位。あなたがあなたの土俵で稼ぐことに完全にフォーカスされた本でなければならない。
151.行動すると無限の課題が山のようにおそってくる。それを解決するために「人」と対話する。必ず「挑戦」したことによって授かった貴重な課題を「人」と対話して共有する。「本→挑戦→対話」の無限のサイクルをどれだけあなたの人生で繰り返すことが出来るか。それがあなたの成功を決定する。本質というのは、いつもあきれるほどシンプル
 
頭では理解できても、行動には移せない。行動には移せても、それが習慣にはならない。どんなジャンルの本でも良いので読んで学んだら、即実践し、何らかの結果を得る。そのトライ&エラーを繰り返すことが成長、成功に繋がる。読み、実践し成功者と人生のステージを一致させる
 

 

読書をお金に換える技術

読書をお金に換える技術