読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北村森:仕事が出来る人は店での「所作」も美しい

仕事ができる人は店での「所作」も美しい 一流とつき合うための41のヒント


22.ルールは自分のため。把持を各区か、かかないかという水準の話。マナーは人のため。店や偶然に空間をともにする見ず知らずの客も含めて、以下に気持ちよく過ごせるように心がけるかのはなし
29.出された料理は手早く食べる。約束の時間通りに入る
38.引き戸は、右側の戸の方に手をかけて、左に開けるのが正しい
55.マナーというのは、人に対しての気配りであり、自分に対しての気配り
63.部外者が業界用語(符丁)を使うのは格好のいいものではない
71.大事な店では現金払い
135.日本料理の店や旅館などでは、女性を優先する行動は、所作としてそぐわない
142.連れて行く相手の輝かせ、店の人にも喜んでもらえる場を創り出すことで、結果的に自分もひかることが出来る
194.都合と都合がぶつかったときに、相手側に半歩でもよれるかが、仕事の成否を分ける
 
最低限ルールは理解して、マナー、人に対しての気配り、自分に対しての気配りを守る。必要な場面で、必要なことをいって、余計なことはけしていわない。