読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくたちは、フォースの使えないダース・ベイダーである

 
75.他人の考えはそう簡単に変わらない。そして、合わない相手はどこにでもいる。だから、自分が心の構え方を変えればいい
77.経験が多い人が、自分の望んでいる”答え”を持っていると期待する方がピント外れ89.他人の評価を気にすればするほど、自分の心は満たされない。自分の評価は自分で下そう。なぜなら自分自身が一番よく知っているから
101.役目を果たすことは、悪いことではない。本当にやりたいことのために力を尽くす方が、自分自身の力を発揮できる
109.他人のために生きる人生。他人の言う通りに動けばいい人生。断ることも出来たはずなのに、まじめすぎる僕たちは、他人のがっかりした顔を見たくないばかりに、自分が本当にやりたいことについて深く考えないまま、気がつくと時が過ぎていた。時間がたち自分の望んだ人生ではなかったと後悔するのだ。自分の内なる声に耳を傾ける時だ。他人の望む人生を生きるのも、そろそろ限界だ。僕たちに「君にはもう無理だ」とささやく「皇帝」は、自分自身の心の中にいる
115.「選ばれし者」というのは、他人からそう呼ばれている受け身の存在であって、自分が選んだわけではない。他人の期待を自分にかける人生はやめにしよう
121.「ぼくたちのほうが間違った側にいるって、考えたことはない?」異なる意見を受け留め、物事を両方の側から捉えてみる。その結果、相手の主張を受け入れることは、決して「負け」ではない
154.過ぎた日に帰るのではなく、正しい未来に向かって一歩踏み出せばいい
 
僕たちは、黒いスーツを身にまとい、他人の望む人生を生きている。「選ばれし者」というのは、他人からそう呼ばれている受け身の存在であって、自分が選んだわけではない。他人の期待を自分にかける人生はやめにしよう。自分内なる声に耳を傾け、自分の望む人生を生きよう。「君にはもう無理だ」とささやく「皇帝」は、自分自身の心の中にいる。

 

ぼくたちは、フォースの使えないダース・ベイダーである

ぼくたちは、フォースの使えないダース・ベイダーである