読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鳥原隆志:一生使える仕事の基本

トップ1%に上り詰める人が大切にしている 一生使える「仕事の基本」

 
45.先手必勝のルールで自分に勝つ 哀切の基本は先手必勝
49.ビジネスとは、価値を相手に認めてもらう。価値をわかってもらうために自分を売り込むことが必要
55.信用は当たり前のことを当たり前にやり続けることで、徐々に信用の残だが増える。一定額になるとまるでりしのようにまわりからの目が変わり、出来る仕事の範囲やまかせられることが増えてくる
60.余裕を持って仕事に当たるには、計画を立てること
70.基本は道具や人に頼らない、つまり、最後は自分自身で確認する。必要以上に信じ込むことは大きな失敗の元になる
74.失敗の数は出来る人も変わらない。落ち込む時間を短くすることが大切
103.すべてを同時並行に進めると中途半端になって失敗するという考えは錯覚。同じ時間でアウトプットが異なるのは、効果的に複数の仕事を計画に組み込めるかどうかで変わる
106.人は考える仕事を避ける傾向にある。難易度の高い仕事をいち早く片付けた方が成果は上がりやすい
107.時間をかければよい成果になるというのは幻想
108.保留 いま判断するよりも、情報を集めてから判断する 先送り 判断することにストレスを感じて、何らかの理由を付け当てもないのに先に判断を繰り越す行為
168.仕事の先回りをする
198.仕事で成果として認められるのは「考えている」ことではなく「行動する」こと
209.簡単に片付くといってその仕事から始めると、気づかないうちに時間をむしばまれる。すぐに片付く仕事は重要な仕事は少ない
244.相手の情に熱を写すには、まず自分の中で何があっても消えない強い情熱を持たなければならない。炭の火のイメージ。いかに障害が発生しても消えない、強さが必要
264.期待のナミは頑張れば頑張るほど大きくなり、その波を越えるために努力し続ける。仕事の質を高める基本は「正確にできるは当たり前」プラスアルファで相手の期待を超えること
266.仕事の基本は、高品質を保つこと。仕事の質を高く保つためには、自分の仕事に常に問題意識を持つことが大切
291.はじめからうまくいく仕事なんて余り価値がない。何度も失敗するほどの難しい仕事だから価値がある
292.失敗しない方法を用いて次に挑戦する。この繰り返しを行っているうちは失敗にはならない。挑戦中である
297. 評価はされるものではなく、評価させるものだと考える。、目指すべき基本は「必要とされる存在になること」
 
必要とされる存在になるには、当たり前のことを正確に行って、信頼残高を高くする。はじめからうまくいく方法はない。何度も失敗するほども難しい仕事だけら価値がある。自分の仕事の質を高品質で保とう

 

トップ1%に上り詰める人が大切にしている  一生使える「仕事の基本」

トップ1%に上り詰める人が大切にしている 一生使える「仕事の基本」