読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガで伝授 デッドライン仕事術

 
47.締め切り すべての仕事にデットライン=締め切りをつくる。追い込まれることによって、仕事の効率的になると、余裕が生まれ、やるべきことがいくつも見えてくる。つまり、制約を課すことによってより具体的に見えてくる
49.デットラインを決める時は、会社にとって正しいことを優先するのがデットラインの正しい決め方。毎日のタスク決めの際に導入する
93.仕事のクオリティを落とさないためには、「鉄は熱いうちに打つ」ことが鉄則
94.デットラインを設定するときには具体性を持たせることが重要で「何を、誰が、いつまでに」を明確にすることが重要
111.会社は仲良しクラブではない。みんなの意見を尊重し、多数決で物事を決めるようなことをしていると、時間ばかりかかり、しかも結論は「会社にとって正しい」ではなく、「いますでに忙しい社員にとってより楽になる」方向へ流れていく
134.会議では担当者の解決策の説明を受けてその是非を判断するだけ。問題を提起する者ではなく、最終的な結論までたどり着いたものを、そのまま議事録に書けるような完成度でもってこなければならない
 
締め切り(デットライン)という制約を作ることによって、仕事が効率的になり、余裕が生まれ、やるべきことがいくつも見えてくる。デットラインを決める時は、自分の都合ではなく、会社(相手)にとって正しいと判断できることそして、「何を、誰が、いつまでに」といった具体性を持たせて決定することが重要である。

 

マンガで伝授 デッドライン仕事術

マンガで伝授 デッドライン仕事術