読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:人生の勝負は朝で決まる

 
24.目覚めが悪いのはだらしないからではなく、大好きなことをやって生きていないから
40.よりよい睡眠のために、昼間、頭と体を目一杯使う。よく考えて良く動くために、よく眠るのではない。頭、体を酷使して、よく眠る
45.きちんとした睡眠を確保したうえで早起きする
75.自分の実力不足を補うためには、徹夜しておきなおうとしてはならない。つべこべ言わずにまずはねること。そして早朝で巻き返しを図る
98.哲也は自己満足のため。朝勉は自己実現のため
117.睡魔と戦うよりは、いっそ寝てしまう。切羽詰まったときこそ睡眠を忘れない
121.うとうとするのは後ろ向きではなく、すこぶる前向きな行為
125.大量の暗記事項も、寝る前の詰め込みと、翌朝の朝の1分復習だけで余裕を持って乗り切れる
130.勉強は何時間やったかより、いつやったかが大切
138.「朝から元気だねー」は最高の褒め言葉であり、「君はこっち側の人間だね」という意味が込められている
207.新幹線のグリーン席は、時間と空間への投資。上のステージの空気になれていくその過程こそが、あなたを成長させる
227.本当に成功するということは、自分の好きなことを好きなときに出来るようになること。仕事が楽できるから独立するのではなく、仕事が楽しいから独立するのだ。誰に制限されるわけでもなく、独立したら仕事し放題になるのが一番幸せなのだ
 
朝の活用は前向きな成功への第一歩。睡眠時間をきちんと確保した上で早起きをする。眠ることは記憶の整理につながるので寝る前に暗記事項を詰め込み翌朝すこしだけ復習すれば効率が良い。ウトウトしたら寝てリフレッシュした頭で仕事をするのが最も効率的で効果的である。
目一杯頭と体を使うことによって良い睡眠が得られる。
 

 

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣