読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中谷彰宏:一流の人のさりげない気づかい

3.行為に評価よりも人間性を評価した言葉の法が相手に刺さる。拾って渡してくれた人に「ありがとう」ではなく「やさしい」
23.「ありがとうございます。」現在形のほうが過去形よりも拒絶感がない
25.好意は、快く受け取るのが一番の気づかい
38.忙しい人には「後でイイですよ」
40.人げんんは、仕事が余り好きではない。人を助けるのは好き。助けることは進んでしたい「今日中にしてもらえると、助かるんだけど」
51.ネットは、とてつもなく広い世界、それでも実際の世界のごく一部にすぎない
101.レストランで、「初めてです」おいしいのは当たり前、「また来ます」
106.「あ、もうこんな時間」切り上げるタイミングを見計らって使う
109.「お忙しい中、わざわざ来ていただいてありがとうございます」
114.本番に臨む人に向かって「適当に」(いいころ合い加減で)
119.失敗に対して突っ込んであげるのが一流の気づかい「あらら」
128.その場でつらそうにしている人を基準に。まわりのみんなのために、自分がかっこの悪い訳になる
169.紹介するとき「変なお店」「変わった人」
171.相手が持っているいる小さな悩みを解決し、相手の持っている小さな望みをかなえることが気づかい
177.教えてもらったとき「そうなんですか?」ではなく「そうなんですね」
185.相手の褒められたとき「励みになります」
196.誰かの悪口が出たら「そうお感じになりましたか」
 
行為に評価よりも人間性を評価した言葉の法が相手に刺さる。相手が持っているいる小さな悩みを解決し、相手の持っている小さな望みをかなえることが気づかい。好意は、快く受け取るのが一番の気づかい
してもらったとき「やさしい」
紹介するとき「変なお店」「へんてこな人」
教えてもらったとき「そうなんですね」
褒められたとき「励みになります」
悪口が出たら「そうお感じになりましたか」

 

一流の人のさりげない気づかい

一流の人のさりげない気づかい