読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菅原洋平:すぐやる!「行動力」を高める科学的な方法

 
6.脳に入る情報量を変えることで変化をもたらすことが出来る
24.起床後4時間後にしゃきっと頭が冴えていたら睡眠をうまくコントロールできている
34.「メラビアンの法則」によると、人は視覚(見た目)55%、聴覚(声の調子)38%、言葉(話した内容)7%で判断している。脳に一度見せてしまったらもう逆らえない
42.すぐやるには「余計なものは見ない」を徹底する。使ったものを元の場所に戻すだけで、脳のエネルギー消費を防ぎ、すぐにやるべきことはすぐに実行することが出来る
59.自分の脳を他人のように扱う(視座の転換)
64.脳が自動的に、無意識に「フィードフォワード」のシステムを起動しやすいようにする。脳が「次の行動」を予測できるところまでは「前の行動」を途切れさせず連続させる
71.大事なことは、設定した目標通りに行動できたかではなく、今の自分の行動が能動的にコントロール出来ているかどうかに目を向ける
81. 脳には、他人の行動を見ただけで、自分がその行動をしているときと同じような状態になる
105.言葉によって脳は動き出す。その言葉はあなた自身が発する
113.「やらなきゃ」と思いながら手を付けられないことを、言葉で表現し直してあげること。自分が体験したことを、言葉にして話す
146.やらなかったことではなく、少しでも実行したことを言葉にする。自分の脳にどの言葉を聞かせたいのかを考え、発言を変えてみる
158.脳のモチベーションを上げる。「頼られた」らすぐやる。「期待された」すぐやる
 
脳に一度見せてしまったらもう逆らえないので、邪魔になるようなものは目につかないところのおく。自動的に脳が次の行動に移れるように、「次の行動」を予測できるところまでは「前の行動」を途切れさせず連続させる。大事なことは、設定した目標通りに行動できたかではなく、今の自分の行動が能動的にコントロール出来ているかどうかに目を向ける。(視座の転換)
気分が上がるように、少しでも実行したことを言葉にする。自分の脳にどの言葉を聞かせたいのかを考え、発言を変えてみる。

 

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法

すぐやる! 「行動力」を高める“科学的な”方法