読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新井直之:超一流と呼ばれる人のアタマの中身

執事が教える “超一流"と呼ばれる人のアタマの中身

 

 
35.誰に対しても謙虚
45.自分自身が「いい」と思うものを自由に選ぶ
60.「話したい」という気持ちを抑えて聞き役に回る
84.そもそも「否定的な物事が起こる」ということ自体が頭の中にない
101.「早く」「いいものを」作る。見合った価値に一致すればよい
135.普段、自分が使う言葉遣いや相手の呼び方が、自分や他人の感情を作り、それが習慣化して人生が変わってしまうことを理解する。常に丁寧に謙虚に振る舞うことが大切
141.余裕を持って行動、余裕を持って約束する。何が起こっても遅れることがないように努める
151.最初からすきま時間の活用方法を決めておく
161.国際人として対等に人とつきあう上で、「自国の歴史を説明できない」ことは恥ずかしい。自国の文化歴史を語れることもひとつのたしなみとする
181.「神は細部に宿る」日々の生活や仕事、言葉、行動の一つ一つについて、細かく見直すことにより、人生が好転し始めて、大きなチャンスを掴み成功する
 
「神は細部に宿る」日々の生活や仕事、言葉、行動の一つ一つについて、丁寧に行う。無用な嫉妬や恨みを買わないように行動する。すきま時間にやるべきことを決めて行動し、約束の時間には余裕を持っていけるように、普段の準備を行っておく。

 

執事が教える “超一流

執事が教える “超一流"と呼ばれる人のアタマの中身