読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:非常識な休日が、人生を決める

 
2.オンはゆったり過ごし、オフは何かに没頭している
18.肩の力を抜くことができる状態は、「もうこれ以上、準備できない」という境地に達していて程よい疲労感が全身を包み込んでいる状態である
28.連休には悪あがきなどしないで、普段から淡々と勉強できる環境の再構築や計画の練り直しに当てる
31.準備がすべてであり、本番はその復習にすぎない
32.オンとかオフに関係なく、人生すべてが無意識の準備なのだ
46.オンに鼻歌で料理するためには、オフで膨大なネタを仕込む必要がある。「準備」を人生の中心に持ってくる
49.本番は頑張るものではなく、味わうもの
62.オフタイムにはできるだけ多くの本を読み、優秀な人と語り合う
124.お互いが一人の時間の大切さを理解できていると、その関係は長続きする
149.ムダと思える時間は、その後悔をバネにして次なる飛躍のためのエネルギーを獲得するために必要。
150.自分としては準備し尽くしたのに、失敗に終わってしまうこと我身の遠回り。高い目標を掲げ、果敢に挑戦し続ける人生を歩む限り、結果としてそれが必要な、人生を彩る遠回りとなる
172.あなたの生き様のスケールは、どれだけ真剣にムダなことをやってきたか、人生のオフをどれだけ味わったかで決まる
178.「淡々と生きていますね」と誰かに言われ始めたら、長期的成功者の仲間入り
 
準備を人生の中心に持ってくる。オフで膨大なネタを仕込み、オンである本番ではその復習をし、頑張るのではなく味わおう。