読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:人生を変える時間術

17.ゆったりとした時間を過ごしているということは、自然の摂理に則った時間の過ごし方をしているということであり、豊かな状態
21.将来の成功者は、ノルマはクリアは当たり前で、さらに自分に負荷をかけて仕事をこなし、その上で勉強し種を蒔く時間をとる。40代の人でも今から種を蒔けばいい。基礎ある人が蒔いた種は、10年後の収穫がかなり大きくなるはずだ。
28.「型」を十分に習得する。その上で「型」を重んじながらも、その「型」の上で自由に踊ろうと考える
32.年収、地位を上げたければ、マイペースのスピードをアップさせる。締め切りを自分で大幅に前倒し手仕上げることを習慣にすれば景色が違って見える。
39.まとまった時間が「主」であり、細切れ時間は「従」なのだ
41.細切れ時間を利用して努力をしているだけでは、セコい人生で幕を閉じてしまう。人生を変えるには、本気で自分ためだけの時間を作らなければならない
50.サボるくらいにゆとりがあると状態は、実はプロとして必要不可欠な状態
55.チャンスはゆとりがある場所に一極集中する
57.どんなに最低でも「一石二鳥」を狙う
77.仕事時間の中で自分の時間を増やしたければ、さっさと出世すること。自由を獲得するための王道であり、最短コース
78.仕事は、出世しなければ楽しめないようになっている。仕事は、「実力」ではなく「役職」でするものだという事実も知っておく必要がある
100.過去問は力試しに解いてみるものではなく、日々の勉強の中身と方向性をチェックして、軌道修正するための最重要ツール
117.大人の勉強では、「勉強の土俵選び」が極めて重要。珈琲、写真、カメラ、釣り、将棋、自己啓発、プレゼン、仕事
125.人間には寿命でお金を買う人と、お金で寿命を買う人の2種類しかいない
146.来るものはどんどん拒んでよい。拒むことで、価値が高まる
155.本物の出逢いというのは、本物の実力を付けた人間同士でしか実現しない。やたらと人と会ってはいけないし、やたらと人と合いたがるべきではない。そんな暇があるのなら、症例相手から声がかかるように、もっと勉強しておくこと
179.ダラダラ、グズグズは自分を安売りしている行為
185.自分が魅力的な人になって初めて、魅力的な人と交際が出来る
188.別れ際に振り返ったらその人とはもう会えなくなるのが現実。魅力を増したければ、今日から別れ際に振り返らないようにする
201.時間とお金は同じ価値ではなく、お金は時間に追従する。時間の密度が低い場所にお金は群がりやすい
210.瞬発力と好きなことに没頭する集中力はある。これらを武器とする。生来の不器用人間が人並み以上の結果を出す方法は、競争率の低い場所で生きること
217.「楽しいな」「幸せだな」「いつでもどうぞ」が口癖の人は応援してもらえる
218.お金持ちになりたければ、時間に愛される言葉を使うことが重要
 
将来の成功者は、ノルマはクリアは当たり前で、さらに自分に負荷をかけて仕事をこなし、その上で勉強し種を蒔く時間をとる。40代の人でも今から種を蒔けばいい。細切れ時間を利用して努力をしているだけでは、セコい人生で幕を閉じてしまう。人生を変えるには、本気で自分ためだけの時間を作らなければならない。仕事時間の中で自分の時間を増やしたければ、さっさと出世すること。自由を獲得するための王道であり、最短コースである。仕事は、「実力」ではなく「役職」でするものだという事実も知っておく必要がある

 

自分の時間が3倍になる 人生を変える「時間術」

自分の時間が3倍になる 人生を変える「時間術」