読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:すぐやる力で差をつけろ

 
32.「すぐやる」人になるということは、傍観者から主人公へと引っ越すと言うことだ。同じ地球上にすんでいても、傍観者の世界と主人公の世界ではまっタック異なる。人生のステージがアップしていく
40.自分が着実に夢に近づいていく実感があるから毎日が楽しくて仕方がない。「すぐやる」人は、お金で自分の好きな時間をどんどん買っていく
45.「最近寝付きが悪いな」と感じたら「すぐやる」人から遠ざかっている証拠
62.頭なんて多少悪くてもいい。決断を間違えることがあってもいい。だが決断出来ない人は、絶対に人の上に立つべきではない
87.「今の仕事は、即次の仕事につながる」
112.インプットが少ないままにアウトプットすれば、すぐに知識が枯渇してしまう。するとそれが学習意欲に火を付けてますますインプットできるようになる。アウトプットをすることによって大量のインプットがこなせる。
142.「子どもに産まれてきてありがとう」両親に「生んでくれてありがとう」女性には「綺麗だね」男には「すごーい」が最大の褒め言葉
147.この世に生まれてきた以上は、天文学的な確率の強運の持ち主。どんなに悩みごとがあっても、この世に生まれてきたこと自体に「ありがとう」
162.主導権を握る側になるには、相手の褒めてもらいたいポイントを探し、ずばりそこを褒める。ほとんどの人間は他人に嫉妬することによって、自分の褒められたいポイント叫んでいる
173.素直になる第一歩は、自分に非があったらゼロ秒で「ごめんなさい」といえること
 
すぐやる人は、自分が着実に夢に近づいていく実感があるから毎日が楽しくて仕方がない。インプットが少ないままにアウトプットすれば、すぐに知識が枯渇してしまう。するとそれが学習意欲に火を付けてますますインプットできるようになる

 

「すぐやる」力で差をつけろ

「すぐやる」力で差をつけろ