読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:たった2分で、やる気を上げる本

 
4.バカにされると言うことは、多くの凡人はあなたのことが理解不能だということ
6.多くの人々はウサギにあこがれて、ウサギの人生で幕を閉じる。亀のように遠くのゴールに立ち向かって輝き続ける人生ではなく、ウサギのように他人を蹴落とすばかりを考えながらクールダウンした人生を送る
61.次のステージ進みたかったら、次のステージにふさわしいスーツを着よう
92.情報をいくらゲットしたところで、参考にはなっても解決はしない。解決は人間がするものだ
194.今から自叙伝を書く。なぜなら多くの人たちは自分の人生なのに脇役だったり、他人の人生を自分の人生だと思い込んでいる。自伝を書き始めれば、自分の人生を主人公として生きていける
203.自分が笑顔でないのに相手に強要するのは、最低の行為。自分が笑顔になるのが先
209.インタビューとサインは名も無く貧しい頃から準備しておく。準備しておくと、その後にそうなるためのプロセスがついてくるのが成功者の実態
210.名台詞は突然出てきたわけではない。成功者が苦しいどん底時代に、練りに練られたキャッチコピーなのだ。成功は現在から未来に向けて努力を積み重ねていくのではない。未来がすでにかなったモノとして逆算し、現在やるべきことが決まるのだ
 
 
色々な成功本を読んでも、目的を決めてから逆算して動き出せば最短距離を進むことができる。著者の、”成功は現在から未来に向けて努力を積み重ねていくのではない。仕事は逆算してやる習慣がここ最近身についてきた。成功する未来もすでにかなったモノとして逆算し、現在やるべきことが決まるのだ”にハッと気づかされた。