読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:死ぬまで仕事に困らないために20代で出会っておきたい100の言葉

 
2.人生は出逢った言葉の質と量で決まる
21.幸運を享受するのと同じくらいの感謝を持って、不運を享受しなければならない。長期的に見ればすべての人生は幸運の3万ピースの絵画になるようにできている
22.自信は、自分より圧倒的な実力者の前では一瞬で崩壊する。完全に勘違いしている人間は強い。
33.噂は立てられて当たり前。1%の挑戦者にむけてしか発せられない
43.とんでもなく退屈そうに見える不人気の仕事を、感動で涙が溢れるような仕事にすることが人間の仕事
47.誰もが軽く見がちで手を抜く雑用だからこそ、思いっきり差をつけることができる
55.圧倒的な量をこなすことによって、手の抜き方を習得する
57.楽譜が同じなのにそれを奏でる人の表情と腕前が違うように、仕事が同じでもそこに吹き込まれる魂には雲泥の差がある。世の中に楽しい仕事が存在するのではない。楽しそうに仕事をしている人がいるだけ
65.人は嫌いなことで成功して地獄の時間を過ごすためではなく、好きなことをして天国の時間を過ごすために生まれてきた
75.時間感覚が鋭い人はピラミッドの頂点に向かい、時間感覚の鈍い人はピラミッドの底辺に向かう。
87.プロフェッショナルとアマチュアの決定的な違いは、すべてにおいて呆れるほど当事者意識を持っているか、否か
100.本気で成長したかったら、厳しくて居心地の悪い上司にしがみついていくことだ
105.力がある人間ではなく、結果を出した人間が出世する。成果に重点を置く
124.隠れてこそこそやってしまうのが大人の勉強。人生は、嫌なことをダラダラやっているほど長くはない
129.社会人の勉強の締め切りと合格点は、すべて自分で決めなければならない。すごく楽に思えるが、本当に好きなことを極めようと思ったら、締め切りも合格点もとても厳しくなることに気づかされる
142.一つの情報は、3カ所から集める。真実の近似値をいかに期限内にアウトプットするかが仕事だ
145.本物の情報は決してタダでは手に入らない
151.すべての情報は、一次情報にはじまり一次情報に終わる
172.痛いところを突かれたら「なるほど」と素直に認める
219.人生は、他でもない自分が下した決断の集大成。人生を変えていくということは、日常の目の前の決断を、勇気を持って一つずつ変えていくということだ
225.決断のコツは力まずに淡々とすることである。淡々と決断する人は、一日に100個の決断することが出来る。夢の実現は決断の数に比例する。力んで決断せず、淡々と決断する
 
痛いところを突かれたら「なるほど」と素直に認める。本当に好きなことを極めようと思ったら、締め切りも合格点もとても厳しくなる。人生は、他でもない自分が下した決断の集大成。人生を変えていくということは、日常の目の前の決断を、勇気を持って一つずつ変えていくということだ

 

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉