読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:器の大きい人は、人の見ていないときに真価を発揮する

 
20.努力はアピールするものではなく、死ぬまで隠し通すもの。自分の努力をアピールするのは、成功者の世界ではこの上なく醜い行為なのだ
24.準備したのに本番で使わなかった部分こそが、未来の可能性である。
27.プロセスにこだわって成功すると、自分ならではの再現性のあるノウハウが貯まる。自分ならではの再現性のあるノウハウは、生涯の宝になる
38.最初から幸運などセコく期待せずに、日々粛々と成すべきことを成せば良い。忘れた頃に幸運が訪れる。
49.すぐにカットなって興奮する人は、低い人(年収、社会的地位、学歴)
61.才能の格差は、知恵と工夫で埋める
66.豊富な語彙力を身につけたければ、大学入試センター試験の国語の問題を読む
76.器の小さい人は。「みんな」を使うのが好き
134.本番前夜は熟睡する。睡眠もトレーニングの一つ。準備を完璧にする。
140.真実がどうかではなく、勘違いされたあなたが真実なのだ
160.猛勉強の第2タームは40代、この時期にどれだけ勉強できるかで50代以降の人生が決まる
166.孤独の時間にひたすら実力磨きを続けなければ寿命がもったいない
169.自分の遺伝子を正面から受容して感謝し、その遺伝子をどれだけ生かし切ったのかが、人生の勝敗を決める。
 
何かを継続する(写真、読書)、語彙力を身につけるためにセンター試験の国語の問題を読んでみる。40代が勉強の第2ターム。自分の今日にある部分を掘り下げていこう

 

器の大きい人は、人の見ていない時に真価を発揮する。

器の大きい人は、人の見ていない時に真価を発揮する。