読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:チャンスを掴める人はここが違う

 
16.チャンスというのは、ごく日常の些細な部分に潜んでいる
20.人生で迷ったら密度の高い方ではなく、密度の低い方を選んでおけば間違いない
22.経営ではニーズ(市場から必要とされること)と同時に、シーズ(自社が市場に向けて提供できること)という用語がある。自分のシーズをまぶしいほど磨き上げておく必要がある。チャンスを追いかけるのではなく、チャンスに追いかけられるように自分を磨く。
44.チャンスを掴める人は、二つの勉強をしている。”必要な勉強”と”好きな勉強”。必要な勉強は、仕事で必要な勉強。やればプラスになるのではなく、やらなければマイナスになる
50.本はたくさん読むからこそ、何度も繰り返し読む本に出会いやすい。99%が一回しか読まない本。
80.仕事で大切なのは結果である。同じ結果を出すにしてもプロセスにこだわる。プロセスにこだわれば、再現性が期待できる。千恵をデータベース化する習慣があるか否かの差は、大きい
109.人には、それぞれの遺伝子に違いがあり、明確な序列がある。
 
自分のシーズを磨いて、チャンスを呼び込む。必要な勉強はもちろんのこと、好きな勉強、現実逃避できるような勉強もする。必要な勉強を習慣として取り入れる。

 

チャンスを掴める人はここが違う

チャンスを掴める人はここが違う