読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「学び」を「お金」に変える技術


人生の価値を最大化する学びとは、学びによって人間力を高めていくことを意味する
学びが成果にきちんと結びついているか
積極的に公開し、シェアする

アルバート・アインシュタイン「名ばかりの成功者になるよりも、真の価値のある人間になるよう努力しなさい」

アール・ナイチンゲール「人間は自分が考えたとおりの人間になる」

ウィリアム・フェザー「人生を楽しんでいる一に失敗者はいない」
ラルフ・エマーソン「その日、その日が一年の最善の日である」
フリードリッヒ・ブーテルヴェク「気持よく断ることは、半ば贈り物をすることである」
サミュエル・ジョンソン「短き人生は、時間の浪費によって一層短くなる」
ベンジャミン・フランクリン「”いつか”という言葉で考えれば失敗する。”いま”という言葉を使って行動すれば成功する」
アレクサンドル・ビネ「いちばん多忙な人間が、一番多くの時間を持つ」
フランシス・ベーコン「富を軽蔑する人間をあまり信じるな。富を得ることに絶望した人間が富を軽蔑するのだ」
サマセット・モーム「ほんとうに大切な自由はただひとつ。経済的自由がそれだ」
フランシス・ベーコン「読書は充実した人間を作り、書くことは正確な人間を作る」
ヨハン・ゲーテ「すらしい絵画や音楽、本に触れずに漠然と日を過ごしてはいけない」
エドモント・ヒラリー「征服すべきは山の山頂ではなく、自分自身だ」
デール・カーネギー「一見小さな事に全力で取り組むことを忘れるな 小さなことを一つやり遂げる度に人間は成長する 小さなことをきちんとこなしていけば大きいことは後からついてくる」

時間を性を制するものは人生を制する
1.優先順位を決める
2.新しいことをはじめるときは現在行なっているものの一部を捨てる
3.出来ないこと、苦手なことは無理してしない
4.したいことだけをする。ほんとうにしたくないことは断る
5.取り組むときは、真剣に集中して行う
6.スキマ時間を無駄にしない。どんな小さな時間でも活用する
7.常に本気で生きる。明日はないという気持ちで取り組む

借金もしないで、将来の発展を期するなんて無理な話。借金もせずに成功するなど不可能だといっても良いくらい

本物に触れる。本物との接点を増やして申の豊かさを自分のもとのしていく

お金を使う。それにより手に入れた価値で新たな富を手に入れる。これが名実ともに豊かになっていくリズミカルなサイクル

誰とでもうまくやることに神経をすり減らすのではなく、この人ならばと選択した人とだけ、本気で、誠心誠意向きあって付き合えば良い。ウマの合う人とだけ付き合う
自分にとってほんとうに大事な人、波動の合う人と時間をできるだけ多く取る
自然発生する人脈だけが意味を持つ

笑顔と「ありがとう」という言葉は、太陽にも匹敵するすべてのエネルギーの源泉。

達成感を味わう、学びの喜びはその延長線上にある

芸術や文化に触れ、人間性を感知するセンスを重ねあわせ、全人格、全存在を高めていく、教養を積む努力を怠らない

自分を律することが目的達成を可能にする

学んだ結果はどんどん行動化する

ありたい姿を絶えず語る。自分がどういう人間になりたいのか、どういう人物を目指しているのか、それを絶えず語り続ける。言い切ることで自身が生まれ、潜在意識にも働くようになり、夢は現実化する
したいことをどんどん口に出す。夢をどんどん語る
「学び」をお金と結びつける最初の一歩は、自分の存在をいかに魅力的にアピールするか
一億円プレーヤーとは、それぞれの領域の仕事に本気で取り組み、そのスキルもマインドも磨き上げられ、世の中のため、人に貢献することを最大の喜びとして気生きる人

学習により人間力を高めていく、学びが成果に結びついているかを確認し積極的に行動に移し、学んでいることを公開しシェアする。自分を律することが目的達成を可能にする。ありたい姿をより具体的に思い描き、常に自分に言い聞かせる。言い切ることで自身が生まれ、潜在意識にも働くようになり、夢は現実化する。それぞれの領域の仕事に本気で取り組み、スキル、マインドを磨き上げ人に貢献することを最大の喜びとして生きることが大切

「学び」を「お金」に変える技術

「学び」を「お金」に変える技術