読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男の子を伸ばす父親は、ここが違う!


子どもを外に連れ出して、何もしないで「観察」だけを意識する

「失敗を重ねることが織り込み済み」環境、失敗することが大きな目的で失敗から学ぶ

不測の事態に対して判断を下し実行するの能力を磨く
その能力を高めるのは体験。どれだけ多くの体験を重ねているかがカギ

自然や芸術に触れる機会の多い生活を心がける

子どもの「向き」「不向き」と「美点」を見ぬくこと。子どもを一人の個性を持った、自分とは別の存在として捉えることが大切

なぜ勉強するのか
未来において”やりたい”と思っていることを実現するため
ダマされないための知識をみにつける

子どもを大きく成長させる原動力の一つが好奇心。この原動力に引っ張られて勉強に取り組む状態にわが子を導くことが親の役割

いろいろ手を尽くして答えに行き着くことの楽しさを子どもの教えてあげる

子どもが試行錯誤している最中は絶対に答えを教えてはいけない

人はなんのために学習したり努力したりするのか「主体性を獲得するため」人生で私達が最も渇望することの一つは”自由”
勉強は確固たる”主体性”を獲得するためにやるもの

子どもが小さいうち、特に10歳くらいまで、男同士で一緒に遊んだことがほかならぬ父親の一生の宝になる


子どもには失敗を織り込み済みでいろいろ経験させる。経験で学んだことが、不測の事態に対して判断を下し、実行できる能力を磨くことになる。試行錯誤を繰り返す中から学びを得る。
10歳くらいまで男同士で一緒に遊ぼう。それはほかならぬ父親の一生の宝だ

男の子を伸ばす父親は、ここが違う!

男の子を伸ばす父親は、ここが違う!