読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インパクト志向


何かを「変革」し、そして問題を「解決」する。これがインパク

WWHの原則 p63の図

まずは目的意識を持たない限り、間違いなく効率は上がらない WHYを明確にする

その目的を達成するには何をすべきかをはっきりさせる WHATを意識する

そしてここまで明確になってからWHATを修得するためのHOWを考える

WHY、WHAT、HOWの三拍子を揃えることが出来たのならそれは「近道」でなくても構わない

p133の図

不満を起点に物事を考えていては、何時まで経っても心が満たされることはない

重要なイシュー(重要な質問)

NANA「人の庭荒らす暇があったらてめえの花ををさかせろや」

クソ批評家にならないために
「代替案はなにか」
「自分でもやれる自信はあるのか」
「自分はやるべきことをやっているのか」

ガンガン行こうぜ!
「走りながら考えろ」
走りながら考えるには、何を走る前に考えて、何を走りながら考えるのか、その見極めが大切
その調査検討結果がどのような結論になったら「実行すべきでない」という判断になるのかを明確にしておく

「ただのことは全部やれ」

「失敗しても生命までは取られない」


受動的チャレンジ

自らリスクをとっていくのが「能動的チャレンジ」だとすると、降り掛かってくる苦難とは「受動的チャレンジ」といえる。自分を成長させるチャレンジと捉えよう p110図
チャレンジし続けなければ成長することもないし、インパクトを与えることも出来ない。「苦難」を愚痴るの止めにして「チャレンジ」として積極的に向かい合う

失敗は成功の必要条件で、そして、失敗は怖くない

自分の正直な気持ちにたどり着くまで、何度も何度も「なぜ?」を自問する。

自分の判断やスキルを過信しないこと
人間誰しも判断を誤ることがある。重要なことは自分の判断が誤っている可能性があることを常に認識しつつ、新たな判断材料が出てきたら思い切って再度ゼロベースで判断してみる

一流人間の話を聞く理由は「重要なポイントを見落とさない」ためであってまねをするためではない。話を聞くものの最終判断は自己責任。

インパクトを出すための実質的な証明を積み重ねた人間にのみ、橋をわたるための本気のアドバイスが与えられる

「イシュー」という概念は「答えが出た時のインパクトが大きい、重要な課題や質問」

高い目線を抱き続けるのは楽ではない。現状に満足してしまい目線が下方を向く
目線の下方修正の誘惑を断ち切るには、自分のよりも大きいインパクトを作っている仮想敵を外に作る


答えが出た時のインパクトが大きい、重要な課題や質問、イシューからはじめる。目的を意識を持ち(WHY)その目的を達成するには何をすべきかはっきりさせる(WHAT)そして、どのように習得すべきかを考える。この順番でいくのが最短だが現実的には順番ではなく、この3つを揃えるように考えることが重要。自分の正直な気持ちにたどり着くように何故と自問することが必要だ。ガンガン行くには「走りながら考えろ」「ただのことは全部やれ」「失敗しても生命までは取られない」の3つを意識する。走りながら考えるには、何を走る前に考えて、何を走りながら考えるのか、その見極めが大切。その調査検討結果がどのような結論になったら「実行すべきでない」という判断になるのかを明確にしておくことがポイントになる

インパクト志向

インパクト志向