読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十の分かれ道 キース・キャメロン・スミス

十の分かれ道

14.人生はいつも計画通りに運ぶわけではない

15.バランスのとれた生き方、それは、「自分の人生に責任を持つ」ことだ。いつもベストを尽くし、うまくいくと信じることである。

20.自分の考えや感情、行動に責任を持ち、望ましい状況を創り出していくのだ

23.ネガティブなことを一つでも考えるなというのは無理な話だ。肝心なのは、いつまでもそれを住まわせていてはいけないということだ

28.知識を得る労力を惜しまない。知識を広げるために、いつも新しいことを学ぶ。限界とは、ひとえに知識不足によるものだ

29.批判も人生のうちと受け入れる。人にどう思われるかなど気にしない。あくまで自分の気持ちが大切だ。批判には耳を貸さず、自分の心の声に耳を傾ける。

32,心から人のために働くことで生まれる喜びは、自分が抱くどんな望みよりも尊い。心から人のために尽くそう。そうすれば、あなたの望みはきっとかなう

44.成功する人が道を見つけられるのは、そこに道があると信じるからで、信じているからこそ道が見えてくる。

50.ほとんどの人は不満をこぼす癖が染みついている。その癖を断ちきり成功への扉を開くには、普段から努力して自分を律する必要がある。

57.どの成功者にも共通する信念「自分に出来るなら、あなたにもできるはずだ」

64.どんな相手にも自分の考えがあるのだから、その考えを変えさせようとするのはあまり賢い時間の使い方ではない

71.喜びとは自分の意思で選び取るものである

76.人生は決して楽ではないが、良いものなのだ。成功する人は、人生は厳しいという現実を受け入れて前に進もうとする。つらい時期にもむしろ感謝して、そこから教訓を学び取るのだ。

83.謙虚さは友情をはぐくむ秘訣であり、成功者になる秘訣でもある。自分の狭い見方や考え方にこだわれば、それだけ友情を育むのが難しくなる

93.ものの見方は自分で変えられる。成功する人は臆することなく自分の考え方を疑い、それに縛られていないかを確かめる。考え方が行動を左右し、行動が結果を左右することがわかっているから。

96.考え方の幅を広げればそれだけ居心地の良い世界も広がっていく。新しいことにどんどん挑戦する姿勢が大切だ。

103.頭が混乱して集中できないときは、人生の優先順位を見直すことが肝心だ

106.「一番優先したいことは何?」「今、もっとも有効な時間の使い方は?」と絶えず問いかけよう

116.成功する人は積極的に楽しんで物事の良い面に目を向け、落ち着いて余裕を持って状況を眺める

 

自分の人生に責任を持つ。自分の考えや感情、行動に責任を持ち、望ましい状況を作り出す。限界とは、ひとえに知識不足によるものであり、常に新しいことを学び、自分の枠を広げていく。人生は決して楽ではなく厳しいもだが、良いものだ。厳しい現実を受け入れ、視点を変えて教訓を学び取る。考え方が行動を左右し、行動が結果を左右するからこそ、前向きに物事をとらえよう。積極的に楽しんで、落ち着いて余裕を持って状況を眺めよう。

 

十の分かれ道