読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

挫折を乗り越えた人だけが口癖にする言葉 千田琢哉

挫折を乗り越えた人だけが口癖にする言葉


27.死別とはわかれることではなく、故人と一体化するということ。この宇宙でたった一つの思い出が、あなたとともに心のなかで生き続けるのだ。だからこそ「さようなら」ではなく、「ありがとう」と声をかけよう。故人を見送るときは、幸せそうな顔で
30.運命の出会いの最低条件は、まずは群れから飛び出すことだ。一人ぼっち同士の出会いしか、運命の出会いにはならないのだ
34.先を越されるのは、単に努力不足として片付けられるものではなく、最低10年間の蓄積か素質の違いによるものだ。先を越された事実に対しては、努力の中身と方向を大幅に変更するか、別ど土俵で勝負するしかない。人は先を越される経験を通して、本物の人生の喜びを味わえるのだ。「先を越されてこそ、味わえる喜びがある」
52.既存のレールの上で落ちこぼれたら、今のレールを飛び出すか新しくレールを作る
56.道を誤るのが問題ではなく、誤った道を改めないのが問題
68.与えられている側が文句を言っていて、与えている側が文句を言われている。これが世の中の縮図なのだ。リーダーになる唯一のメリットは、人生の後半で一流の人たちに囲まれるということだ。一流の人たちに囲まれて、一流の感性を共有し合うことが出来る
110.人生すべてを前倒しで進める
119.利用しやすい人間こそが、組織にとって価値がある存在だということ
123.部下を指導するふりをしながら、あなたが指導されている
129.自分が強くなければ、他者など救えない
186.親にむかつかなくなった瞬間が、本当の成人式
192.コンプレックスは抱え込むものではなく、踏み台にして活かすもの
205.嘆かず、ありのままを受容する
213.不運な人ほど実力者になれる」この世で最も運の悪い人は、この世で最も実力をつけることが出来る選ばれた人
217.死ぬまでは生きてやろう
221.挑戦をやめた時が、本当の挫折

落ちこぼれることが問題ではなく、誤った道を改めないのが問題。自分の得意な、好きな土俵で勝負するようにしよう。自分を不運だと嘆かない。不運な人ほど、努力して実力を身につけるチャンスに恵まれた人である。挑戦をやめたときが、本当の挫折である。

 

挫折を乗り越えた人だけが口癖にする言葉

挫折を乗り越えた人だけが口癖にする言葉