読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新井直之:執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣

執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣

 
14.相手がどんな方であろうと丁寧な態度を崩さない
18.その才能に相当な努力を積み上げている
19.仕事に追われるのではなく、いつも仕事を追いかけている
25.ビジネスは趣味の延長、仕事観、労働観がそもそも違うから、どれだけ長時間働いてもストレスを感じることはない
40.自由になる時間を出来るだけ多く確保し、新しい事業のアイデアを練るようなクリエイティブな活動に当てるのが大富豪の働き方
62.何に対してもコスト意識を持つ
63.人間が本当に一つのことに集中出来るのは90分まで
71.必ず費用対効果で物事を見極める
104.目的を達成するためにお金を使う
107.いつも他人の話をしっかり聞き、深く理解しようと努める
109.相手を立てれば蔵が建つ
113.結果を急ぐのではなく、自らの評判を上げて、時間をかけて信頼関係を構築する
114.常に自責の姿勢でいる。自責マインドであれば腹は立たない
126.お金も、時間も、手間もチャンスとあれば惜しげもなくつぎ込みますが、少しでも無駄と判断したら一切費やさない
134.どんな問題が起ころうとも、すべては自分が引き起こした結果
144.やらされ感で頑張るのではなく、「やりたい」と思って楽しむことは、成功への好循環を生み出す
 
目の前のおいしい話に手を出すのではなく、費用対効果を考えて判断する。限られた時間を有効に使うためにも健康に気を遣い、自分の本当に好きなことに集中する。

 

執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣

執事だけが知っている世界の大富豪58の習慣