読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹内薫:ざっくり分かる宇宙論

ざっくりわかる宇宙論 (ちくま新書)

 
64.ハップルの発見 宇宙は膨張している
65.宇宙に関する知見は2000年前後を境にして、驚異的な飛躍を遂げた
67.2003年のWMAPの観測により一変した。「宇宙論」は精密化学ではならない時代に入った。仮説から、事実に基づく価額になった
68.現在の宇宙は抱いた137億歳、宇宙が加速膨張している。宇宙を作っている全エネルギー農地実は96%が未知のエネルギーである
82.ビックバンは宇宙の始まりではなく、ビックバンの前が漁師宇宙で、インフレーションのあとにビックバンがあった
88.「ちょうどいい」ことをゴルディクロスのナニナニというふうに表現する
134.ブラックホールは、何らかの理由によって物質が一箇所に集中するなどして、非常に重力が強くなった領域を指す。
135.地球の流力権を抜け出せいて、宇宙に出ていくためには、秒速11.2キロメートルが飛鳥、音速の30数倍のスピートが必要
188.コト化された理論は理解されずとも、実験や観測によって支持され、宇宙論の定説として認められていく
 
計測機器などの発達により、仮説であった宇宙論は、計測により事実に基づく精密化学となった。まだ、わからないことも多く、生命、地球が大いなる均衡の上になりたち、ちっぽけな存在であることは理解した。

 

ざっくりわかる宇宙論 (ちくま新書)

ざっくりわかる宇宙論 (ちくま新書)