読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:仕事で「もうダメだ!」と思ったら最後に読む本

仕事で「もうダメだ!」と思ったら最後に読む本

 
21.何があっても拾ってくれる場所があることは、心の支えになる
41.人生で奇跡を起こしたければ、その瞬間だけ頑張る人生から卒業する。その瞬間で頑張らなければならないときも確かに存在するが、それは普段サボっているからに過ぎない。本物は普段粛々となすべき事をなしている
69.締め切りを大幅に前倒せば、必然的にこちらから主導権が転がってくるから仕事も断然やりやすい
102.世の中才能がすべてを受容しなければ、成果は上がらない
110.諦めたことのない人は、勝ち続けた人ではなく、挑戦したことのない人だ。最初から完璧な土俵を準備してもらえなかったあなたは、「挑戦→断念→挑戦・・・」を元気に繰り返し、自分で探せば良いだけ
114.自分が馬鹿だったと本心で気づいた瞬間、因果が解消され、次に進める
117.苦労するということは、あなたの勝負の土俵が間違っているということ、苦労するということは、あなたの努力の方向が間違っている。間違っている場合は速やかに土俵を変えること
123.無能が無能を受容したとき、それは無能でなくなる
173.たまに無理が出来るためには、普段から妥協なき睡眠を確保して奥に限る
 
「才能」がすべてだということを受け入れ、様々の物にチャレンジし、自分の向き不向きを見極める。自分の才能を生かせる場所を常に見つけ続けよう。他人から見れば苦労なことが、苦にならずに出来るといことは自分の才能である可能性が高い。
 その瞬間だけを頑張る人生から卒業し、普段からなすべき事を行おう。そのなすべき事を苦労なく出来ることが自分の才能だ。

 

仕事で「もうダメだ!」と思ったら最後に読む本

仕事で「もうダメだ!」と思ったら最後に読む本