読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢吹紘子:99歳ユダヤのスーパー実業家が孫に伝えた無一文から大きなお金と成功を手に入れる習慣

99歳ユダヤのスーパー実業家が孫に伝えた 無一文から大きなお金と成功を手に入れる習慣

 
24.やりたいことをやりながら成功する、ということが実業家として目指すべき絶対条件。人を出し抜くより、人と違うことをする、という意識でのぞんだ方が何事もうまくいく
32.ビジネスオーナーは70%の専門家であるべき
35.自信がないと思った時点で、その仕事にありったけの情熱を注いでいないということだ
48.100%の力とパッションを注ぎ込むこと。自信はその後からおまけみたいついてくる
58.お金は将来の心配事に対する備えと心得る
60.貯めるという行為にふけるようになるとそれもまた危険。お金は人生の保険、保険は保険であって、人生そのものではない
63.お金を稼ぐことは最大の攻撃であり、万が一に備えて、最大の防御にもなる。アイロンは使い続けているかぎり錆びない
69.お金は人生の保険だということを常に自覚し、どうやったらその保険を有効活用できるかを考える
75.常に、どんな瞬間も100%の力で進まないといけない。他人の100倍努力をしないと同じ成功にありつけないと心得て、恥も外聞もすてて思う存分突き進む
80.泥があるかないかではなくて、泥から金を見いだそうとする心構えが大切。
81.「今の時代で一番お金が儲かる仕事」と「100%の情熱を捧げることが出来る仕事」
96.常識にとらわれないで、自分なりのものも見方でサイドウェイを探す
98.人は誰しも自分に都合良く物事を判断しようとする。その際、一番都合の良い言い訳が「常識」という言葉
107.老いとエネルギーには何の関係性もない
113.お金は保険であり、その保険は家族間で共有すべきものである。保険であるお金に関して家族間でオープンに話すのは当たり前だ
140.払ったお金を授業料ととらえるか、無駄と捉えるかは、自分の心持ち次第。寛大さと浪費というのは、裏表の関係
143.成功したければ、何事にも全力で取りかかること。自分の仕事だけではなく、チームの仕事にも同じ気持ちで取りかからないといけない
144.「明日やる」は成功を遠ざける魔のフレーズ。今日できることは今日のうちにやってしまう
193.「日常の連続」を将来の成功につなげるのは、自分自身の向上心だ
198.人の行動は思い込みで支配されていることが大きい
219.仕事に関しては、尺度が年単位、場合によっては10年単位でもいい。プライベートはそれよりもずっと短くあるべきで、1週間や1ヶ月、ときには一日単位で刻むべき。人生の保険、仕事が基盤になるのだから、その基盤の上に成り立つ家族計画は短いスパンで考えるべき
227.何事も、見ようと思ってみないと、その本質を見抜くことが出来ない
232.成功を楽しんでいる限り、お金はいつだって自動的についてくる
 
お金は人生の保険であって、人生そのものではない。人生の保険である以上、家族の間で共有すべきこと。情熱をもって100%の力で、他人の100倍努力することが必要。日常の連続を将来の成功につなげるのは、自分自身に向上心が必要になる

 

99歳ユダヤのスーパー実業家が孫に伝えた 無一文から大きなお金と成功を手に入れる習慣

99歳ユダヤのスーパー実業家が孫に伝えた 無一文から大きなお金と成功を手に入れる習慣