読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:今日が、人生最後の日だったら

 
29.いつ死ぬかは誰にもわからない。だからこそ「今この瞬間」を大切に生きられる
33.救ってくれた数々の言葉立ちは、どれも辛いことやイヤなことに出会ったからこそ獲得できたもの
66.人の命は有限だからこそ、その間に成長したいと思える。死があるからこそ、必死で成長しようとする。人を愛そうとする。思い切り人生を楽しもうとする
74.セカンドバースデーとは、ほんとうの自分の人生を歩み始めた日のことだ。信念を持って生きる。そう決めた日が、セカンドバースデー
79.目の前の問題は、命を無くすほど深刻なことか。もう一度、考えてみよう。
101.「絶望」ではなく、「希望」を与える言葉遣いにする。たとえば、「できません」ではなく「できますよ」
108.正しい選択を選んで退屈な人生を歩んできた人は、1度は楽しい選択をしてみる。選択肢を変えてみる。すると、人生がガラリと変わる
117.後ろ姿をかっこよくする。猫背でびくびくおどおどしない。いつも颯爽と独りで歩き、帰り際も振り返らない。
151.誕生日は、生まれてきたことそのものを祝福しよう。「生まれてきてくれてありがとう」
183.一度仕事をして「あ、この人はハズレ」と直感したら2度と関わらなくて良い
198.明日も生きている保障なんて全くない。それならば、今から人生最後の日にやっていたいことやった方が、ずっと楽しい人生になる。「いつか」ではなく、「今」やりたいことをやろう
206.人生において謝罪は大切だが、媚びる必要など毛頭無い。しかし、心のどこかで自分に非があると薄々気づいている場合には、先に「ごめんなさい」をいってしまう。ふんぞり返っている人より、いつも謝っている人が主導権を握っている。
218.人間にとって必要な究極の言葉は「ありがとう」「ごめんね」「愛している」
 
人の命は有限だからこそ、その間に成長したいと思える。死があるからこそ、必死で成長しようとする。人を愛そうとする。思い切り人生を楽しもうとする。今から人生最後の日にやっていたいことやった方が、ずっと楽しい人生になる。「いつか」ではなく、「今」やりたいことをやろう

 

今日が、人生最後の日だったら。

今日が、人生最後の日だったら。