読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:たった2分で、勇気を取り戻す本。

 
33.世の中には自分なら絶対に許せない様な価値観の人が溢れているいるし、同様に、あなたのことを許せないと考えるような人も溢れている
40.嫌った数だけ、あなたも嫌われている。自分から歩み寄ってみよう。人生も人間関係も、すべて好き嫌いの帳尻が合っている
48.成功者やお金持ちは、退屈な打ち合わせや不愉快な相談で、自分の貴重な人生を無駄遣いさせた相手を一生忘れない。大した用もないのに、気軽に人に会いたがらない意志の強さを持つ
52.結果を急ぐのではなく、結果を待てる人になる。結果を急ぐのは、勇気が無いからだ。結果を待てるのは、勇気があるからだ。
55.意見は、99%食い違って当たり前という事実を受容する
59.大きな我を通すためには、目先の小さな我なんてあっさり捨てること
62.対立しかけたときは、あっさりと負けて相手のいうことに従う。結果相手をコントロールすることができる
68.理不尽な相手には、上品に接すれば良い。まるで貴族の様に美しく振る舞おう
77.「ありがとう」より「ごめんなさい」のほうが、圧倒的な勇気を求められる。相手が納得できるリアクションを心がけよう
171.社会には綿密な階層が形成されている。各階層の中での交流はあるが、別の階層等の間にはほとんど交流がない
174.ブランド品は「正規店」で購入する。正規店には正規店にふさわしい人が、割引店には割引店にふさわしい人が集う。正規店で買える人が、そのブランドにふさわしい人なのだ。
192.目の前の人を喜ばせることに全力を注ぐ。目の前の人を喜ばせることが敬意を集める第一歩なのだ。人を喜ばせるには、相手の期待を常に1%でも超える様に工夫を凝らすことだ
202.「結果は事実である」言い訳は一切不要。現実に出た結果には誰もが頭を下げなければならない。
 
意見は99%違って当たり前。結果を急ぐのではなく、結果を待てる様に勇気を持つ。「ありがとう」より「ごめんなさい」のほうが、圧倒的な勇気を求められる。相手が納得できるリアクションをする。