読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:人生って、早く夢中になった者の勝ちなんだ

人生って、早く夢中になった者勝ちなんだ!


6.夢中になって生きる人生とは、障害賃金を稼ぎ終わっても何も変わらない人生のこと
41.決意するのも、覚悟を捉えるのも、実力を付けるのも、すべて独りのの時だから出来る
61.好きなことなら苦労を苦労と感じない。努力を努力と感じない。勉強を勉強と思わない
68.好きなことで稼いだお金を好きなことに投資し続けるのが、この世で最高の投資方法
92.「これが終わったら○○しよう」という人生を送っている人は、不幸な人生を歩んでいる
98.コースから脱線したら、さっさと自分が夢中になれる新しいコースを作ってしまえば良い
102.「ナンバーワンよりオンリーワン」弱者の言葉
106.本当に夢中で生きている人は、他人から容易に理解されないことに打ち込む自分に、誇りを感じている。「それのどこが楽しいの?」最高の褒め言葉
110.夢中に生きている人たちの中で上位1%に入るための研鑽は必須と覚悟する
117.夢中に生きること自体が、大勢からは理解されない生き方。みんなに理解してもらうなど無理な話。夢中に生きるということは、少数派の人生を選ぶということだ
122.夢中に生きている人は、批判とじゃれ合っている暇はない
125.スピードと量は、もともと根っこは同じもの。量をこなしている打ちに、必然的にスピードも速くなる。
171.たった一つのことを死ぬまで繰り返せるのが、夢中に生きるということ
182.夢中になるとは、そもそも非常識。常識を捨てて無我の境地に達してから、人は夢中になる

夢中に人生を送ることは、そもそも非常識な少数派である。好きなことでお金を稼ぎ、それをさらに好きなことに投資して好循環させることが後悔しない人生を送る最良の方法。迷っている暇はない。

 

人生って、早く夢中になった者勝ちなんだ!

人生って、早く夢中になった者勝ちなんだ!