読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:死ぬまで悔いのない生き方をする45の言葉

 
5.未来は遠くにではなく、ここにある
17.人が輝きを放っていくためには、成長し続けなければならない
19.一発当てることは、好きなことを障害やらせてもらえるための手段であって目的ではない。一発当てるまでにかかる時間は長ければ長いほど有利。遠回りした人ほど一発当たってから後が続きやすい
51.圧倒的な量をこなしていく過程で普段から思考力を磨くことが出来る。量質転化を起こす
129.自分の仕事ぶりを隠しカメラで撮られたとしても、家族や恋人に胸を張ることが出来るよう恥ずかしくない仕事をする
137.今やっていることが1%でも未来とつながっていることが大切
146.幸運に気づくためには勉強して実力を蓄えておく必要がある。実力があれば出会った幸運に対して深く感謝できる
166.不器用で不運な人は、自分の長所であると自覚するべき。スタートラインが低ければ、共感の得やすい話になる。
178.これから実績を積み重ねれば、他人も過去も帰ることが出来る。得意なことを生かしてとりあえず小さな実績を積み重ねる。
 

 

死ぬまで悔いのない生き方をする45の言葉

死ぬまで悔いのない生き方をする45の言葉

 

 

児玉光雄:イチロー流準備の極意

 
3.些細なこと、苦しいこと、やるのがおっくうなことであってもそれが仕事の成果を挙げるのに不可欠なら、決して手を抜くことなく、誰よりも一心不乱にのめり込む。
5.思うように行かないときほど、平常心を維持してモチベーションを上げ、目の前の仕事を最高のものに仕上げる
19.いくら努力しても仕事の成果が上がらないなら、その努力は間違っている。一生懸命に逃げない
21.競争の世界。「オンリーワン」で良いという考えは全く通用しない
25.実際の現場をリアルにイメージしてあらかじめリハーサル。イメージ力を高める
27.実践でないと出来ないことがある。実践で感じることによりとっさの判断が出来るようになる。練習だけではうまくならない
29.挑戦を継続できるかどうか。「自分の限界に挑む」
41.常に最高の自分を出せる準備をしておく
47.自分の武器は自ら見つけるしかない。いくら弱点を補強しても武器にはならない。たとえ自分の武器がわかったとしても、仕事に貢献出来なければ武器とはいえない。自ら武器を見つけて、磨きをかける。
51.ある程度のところで「これで当初の目的達成」と考えて努力を放棄する素人と、「ここからが努力のしどころ」と考えて、一切の妥協を排除してさらなる努力を積み重ねる達人の思考パターンのちがいが、両者を大きく隔てる。
55.鍛錬を積み重ねる人は辛い。究極まで自分の能力を追い求めたいという強烈な欲求があるから辛い鍛錬も厭わない。
59.一つの目標を達成しても「もっと、いい」を求めて邁進しよう
81.達成感にようのは一日だけ。新たなゴールを設定する
93.プレッシャーを抱えて悪戦苦闘すれば、するほど見返りは大きくなる。プレッシャーが半端でない修羅場をくぐり抜けることによって、人間は一人前になる
105.不安を解消するために完璧な準備を日々欠かさない
117.自ら掲げた目標達成のために、毎日同じことを、同じ時間に、同じ量だけこなしていく。何事もすこしずつ、ただし着実に日々欠かさず行うことが、成果を挙げる秘訣

 

イチロー流 準備の極意 (青春新書インテリジェンス)

イチロー流 準備の極意 (青春新書インテリジェンス)

 

 

千田琢哉:お金のルール

 
62.仕事というのは昨日や今日の準備で差がついた訳ではない。生まれてから今日までに見たり、聞いたり、読んで感じたことの集大成。時間のプレゼントの重みのわかる人間だけと付き合えば良い。
76.人が輝き続けられるのは成長している間。常に何かを成し遂げようとし続ける必要がある。スタートとゴールを繰り返す。それには好きなことに没頭すること
121.二度と会わない人を決める。自分の好き嫌いで良い
 
成長する意識と時間を確保する。

 

20代のうちに知っておきたい お金のルール38

20代のうちに知っておきたい お金のルール38

  • 作者: 千田琢哉
  • 出版社/メーカー: 総合法令出版
  • 発売日: 2012/05/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

中谷彰宏:昨日の自分にこだわらない一歩踏み出す5つの考え方

 
22.うまくいかなかったら「次はどうしようか」と考えて、また次の日もそれにチャレンジする。これがトライ
62.壁が多いほど多いほど前に進んでいて、より成功の近くにいる。壁は均等にあるわけではない。成功に近づけば近づくほど壁は多くなる
87.結果には「見える結果」と「見えない結果」がある。見える結果が出ないときは、見えない結果がたくさん出ている。努力と工夫の総量が、すべての結果になる
95.一流の厳しい人一緒に仕事をすることによって、知らず知らずのうちに自分も仕事が出来るようになる。そのかわり連戦連敗です。ただ勝ちたいのか、強くなりたいのかどちらを目指すか
104.行き詰まっている人は、人生を迷路のように感じる。人生の迷路の行き止まったところは、実は壁ではなくて扉である。扉だと知らない人にとっては、壁と見えてしまう
112.毎日どれだけハードワークをこなしているか、どれだけ自分に負荷をかけているかが大切。勝負は、普段どれだけ自分に負荷をかけている
158.どれだけ密度を濃く出来るか
195.意識を変えるには、勉強と体験が必要。
 
普段から自分に負荷をかける。人間は意識しないと楽な方へ流れてしまう。意識的に負荷をかける時間を設ける

 

昨日の自分にこだわらない 一歩踏み出す5つの考え方

昨日の自分にこだわらない 一歩踏み出す5つの考え方

 

 

 

どんな問題も解決する すごい質問

 
11.人というのはほっておくと怠けてもしまう生き物であり、何も考えずにボーッとしてしまう。だから意識的に「なぜ」と自分に問いかけなければならない
17.教えたり教わったりするのは、必ずしも対象が他人である必要はなく、自分の想像力で代替可能(たいたいかのう)
23.普段からよく考える人間になるには、本を読めば良い。
44.力まずに肩の力を抜いて質問が出来るようになるためには、圧倒的な準備をする必要がある。
81.資本主義社会においては、お金を払う方が上で、もらう方が下。
86.地味だけでど中身の濃い質問を使用と思ったら、とにかく事前の徹底した準備が必要。
125.あえて発言の機会を譲ることが出来るくらいの準備をしよう
142.相手を喜ばせるよりも相手の嫌がることをしない方がずっとたいせつ。
 
普段から一人で勉強し実力を付けることが必要。そうすれば余裕を持つことができ、印象も良くなる

 

どんな問題も解決する すごい質問

どんな問題も解決する すごい質問

 

 

石脇智広:コーヒー「こつ」の科学

 
14.アカネ目アカネ科コーヒーの木属、70種類 アラビカ種、カネフォラ種
23.花が落ちた直後はマッチ棒程度の大きさ、6-8ヵ月かけて大きくなる
33.カフェインという名称は1820年頃にドイツの化学者がコーヒーの豆から取り出すことに成功した
36.アミノ酸、少糖類、クロロゲン酸などがコーヒーの風味形成のもととなる。カフェインは苦味として感じられる成分のうちせいぜい10%程度。苦味の元となるのは褐色色素。大きなものほど苦味が強くなる。
40.コーヒーの主要な酸味成分はキナ酸
84.エスプレッソ、高温、高圧の湯が内部に浸透し、コーヒーの成分を溶かし出す。9気圧、90秒、30秒、30cc、エスプレッソの表面の泡、クレマという。
86.モカポット。1.5気圧エスプレッソとは抽出原理は厳密に言うと違う。味が重くなりがちなので、ミルクで割って飲むものと割り切る
110.ニュークロップ、収穫年度内の生豆、オールドクロップ
130.直火式の焙煎機でなければ赤外線の効果を利用することは出来ない
155.スペシャリティーコーヒーという言葉は、1974年、Erna Knutsenが「特別な微気象が生み出す際だった風味のあるコーヒーを称するために使った

 

コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために

コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために

 

 

マーク・フォースター:仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則

49.抵抗感が発生するのは「ある行動がその他の行動よりも難しい」と感じたとき

58.成功への王道は「一事に集中し、出来たら次に進む」
63.一つの仕事を分解してチェックリスト(クローズトリスト)を作る
90.本当の仕事とは、目標に近づくための仕事。本当の仕事は、綿密な計画と入念な思考が必要。「忙しいだけの仕事」は「本当の仕事」をしない口実にすぎない
100.最高のモチベーションは、予定通りに進んでいること
130.仕事を「今すぐ」「今日中に」「明日やる」にわける
146.新ししごとは、仕事を細分化してチェックリストを作成する
181.最優先の仕事を、1stタスクにする。朝一番を逃すとその日には出来ない
246.projectには、継続作業と複数要素の二つのタイプがある。継続作業:語学など毎日やることに意味のあるもの。毎日少しずつ一定の時間を決めてやる。複数要素:論文作成 異なる複数のタスクをやっていく必要がある。細分化してチェックリストを作る
249.プロジェクトが複数ある場合、どのプロジェクトを優先するか?緊急度の低いものを優先する。緊急度による優先順位づけだとどんな仕事も緊急になるまで着手されないことになり常に締め切りに追われる結果となってしまう。緊急な仕事にも、本当に緊急な仕事と締め切りが迫って緊急になった仕事がある。後者は本当であれば緊急でないことを決めに命じておく。
251.仕事に対する心の持ち方 ”仕事を片づける”と”仕事に向き合う”がある。片づけるは日常業務に取り組むこと、仕事に向き合うは仕事について考えること。プロジェクトつまり重要な仕事の計画に送れや進み具合が停滞するのは、日常業務に埋没してしまった結果、仕事に向き合う時間が欠如したために起こっている。
263.抵抗が一番大きい仕事からする。抵抗感に対する最高の対策は行動。理性の脳を活用する必要がある。衝動的な行動つまり抵抗感のある仕事から逃げる、簡単な仕事を選択してしまうときは、その行動を口に出してみることで衝撃的な脳の行動をラベル付けする。衝動がはっきり意識されると、その行動が消しやすくなる。
270.抵抗感を「その仕事はしない方が良い」というサインと考えず、むしろ「行動を促すサイン」と受け止める。抵抗感のある仕事から逃げていると、抵抗感はさらに大きくなる。