読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山口真由:天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある


14.努力することは抽象的なことではなく、具体的な目標をたてるべき。反復継続できる
18.ある特定の分野において尖った人材になる
28.「読む」「聞く」「書く」「話す」のうちの得意な分野の努力をする
42.一番は一人しかいない狭き門。上位3分の1に入ることは努力で勝ち取れる「努力圏内」その上位3分の1を好きなことで達成し、複数個持つことで唯一無二の存在を目指す。
54.天才ではない人が、社会で成功をつかむには努力するしかいない
72.基本書一冊、繰り返す、精読ではなく繰り返し読むことで身につける
88.自分から能動的に小テストの機会を作り、繰り返していくこと。小さな成功体験を積み重ねることにより、きたるべき本番に強くなれる
94.楽なもの8割、努力が必要なもの2割が黄金比
98.努力目標をパスワードにする
110.努力をつぎ込む優先順位を決める。人生において持ち時間は有限。何かに時間を割くことは、別のことに割けた時間を失うことを意味する。優先順位を決めて演繹的に行動を引き下ろしていく
122.外圧をうまく取り入れてスケジュール管理をする
130.努力を公言し、評価やねぎらいという報酬を受ける。影の努力より日の当たる努力をする
140.ライバルをうまく取り入れることで、努力を続けることを身につける。自分との戦いよりもライバルとの戦いを
143.定性的なものは他人に対しても、自分に対しても嘘をつきやすい。自分が無意識に怠け癖を発揮している事を知る。プラス5%を目標値として設定する
149.努力の対象はひとつに絞るべき
189.努力を冠水するために必要な理想像は、5年でも10年後でもない、明日の自分
198.「努力すること」自体が目標ではない。努力は何かを実現するための手段にすぎない。

努力は何かの成果を出すためにやることであり、努力自体が目標ではない。定性的な目標ではなく、具体的かつ定量的な目標を定める。欲張らず、僅かな進歩を目標として続ける。努力を公言し、外圧を取り入れる。遠い将来の自分ではなく明日の自分と勝負しよう。

 

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある