読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千田琢哉:現状を破壊するには「ぬるま湯」を飛び出さなければならない

 
37.空腹でもないのに無理矢理食べる方が体に悪い。食べたくない昼食は取らず、静かな環境で仕事に没頭する
44.成長を目指すなら、すべてにおいて目的を明確にして、できるだけ速く歩く
49.25m先を見ながら颯爽と歩く
55.プロの仕事とは、地味に言行一致し続けること。権力の匂いすらみじんも感じさせない
67.書籍を読むと、新しい情報のみならず、他人の深い思考にも触れることができる。思考力も身につく
71.成績の序列が人間の序列。目の前の現実から目を背けず、きちんと序列の勝負に立ち向かうこと。逃げずに仕事に向き合えば、人間性は向上し、人生は充実する
86.「人事を尽くして天命を待つ」が、仕事が出来る人たちの共通の人生観である。準備はいくらでもコントロールできるが、出る結果まではコントロールできない
111.本当の安定とは、自分が成長することだ。成長し続ける限り安定し続ける。成長し続ける限り、安定のことなんていちいち気にならなくなる
131.成功者は、一番努力した人でも苦労した人でもない。今いる群れから飛び出して、孤高に輝く人こそが成功者なのだ
136.つまらない人間には、勇気を持ってちゃんと嫌われる
139.すべての人と平等に付き合わなくて良い。格下の人間には嫌われてもかまわない
142.三流の言葉を聞き続けていると、三流になってしまう
150.一流とは、言行一致度が高く、数々の実績を残している人
226.孤独になっていないということは、突出していないということ。嫌悪感を抱く相手は、突出した存在に嫌悪感を抱いている自分自身だ
 
成績の序列が人間の序列。その現実から目を背けずに立ち向かうこと。すべての人と平等に付き合わなくて良い。格下の人間には嫌われる勇気を持つこと。「人事を尽くして天命を待つ」が、仕事が出来る人たちの共通の人生観である。準備はいくらでもコントロールできるが、出る結果まではコントロールできない